商品詳細

改訂 人事訴訟法概説 制度の趣旨と運用の実情

法曹,家裁調査官及び書記官,家事調停委員,人事訴訟参与員等必読書籍。初版大好評につき,多くのご要望に応えた改訂版です。
改訂 人事訴訟法概説 制度の趣旨と運用の実情
著者:
野田 愛子・安倍 嘉人/監修 
判型:
A5判上製
ページ数:
544頁
発刊年月:
2007年8月
定価:
5,724円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-3518-5
商品コード:
40258
略号:
人訴
買い物かごに入れる
お気に入りに追加
在庫僅少

商品情報

●平成16年4月より施行された「人事訴訟法」について,施行後3年現在の運用状況を踏まえ,成立の目的と経緯をはじめ法全般にわたって主要な論点正確な解釈・運用上のポイントをもれなく解説。
●改訂にあたって「家庭裁判所における人事訴訟の運用状況―東京家庭裁判所の運用状況を中心として―」,「人事訴訟の運用の現状について―弁護士の立場から―」「離婚時年金分割の審理」の3章を新設。
●野田愛子弁護士をはじめとして,法制審議会に深く関与した安倍嘉人東京高等裁判所部総括判事を中心に,人事訴訟・家庭関係事件の経験豊富な実務家が集結し,総力をあげて執筆。最高の執筆陣による,最も信用性の高い『人事訴訟法概説』。