TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 戸籍 > 戸籍実務の理論と家族法

商品詳細

戸籍実務の理論と家族法

戸籍実務の理論と家族法
著者:
山川一陽/著 
判型:
A5判上製
ページ数:
332頁
発刊年月:
2013年3月
定価:
4,752円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4068-4
商品コード:
40498
略号:
戸籍理論
買い物かごに入れる
お気に入りに追加
在庫僅少

商品情報

「戸籍制度の運営を、理論的にも実務的にも矛盾なく合理的なものにするには」
という観点で選出した16点の論文を収録。


【収録初出一覧】
「戸籍制度の特色と個人情報」
 『21世紀の家族と法―小野幸二教授古稀記念論集』(法学書院・2007年)

「夫婦の氏,親子の氏―呼称上の氏と民法上の氏の検討を通じて」
 石川稔・中川淳・米倉明編『家族法改正への課題』(日本加除出版・1993年)

「呼称上の氏と戸籍」
 日本私法学会『私法』第53号(有斐閣・1991年)

「民法上の氏と呼称上の氏―呼称上の氏の形成と発展」
 戸籍法50周年記念論文集編纂委員会編『現行戸籍制度50年の歩みと展望 ―戸籍法50周年記念論文集―』(日本加除出版・1999年)

「離婚の際に称していた氏を称した妻と氏の変更―戸籍実務の立場を中心として―」
細川清・海老原良宗編『家族法と戸籍 ―その現在及び将来―』(テイハン・1986年)

「国際婚姻に伴う「氏」の変動について
 ―昭和55年8月27日民二第5217号回答,
 同日民二第5218号通達を通して―」

 法務省民事局編『民事月報』35巻12号(法曹会・1980年)

「法改正と解釈の確定について―呼称上の氏の議論を通じて―」
 森泉章ほか編『続現代民法学の基本問題』内山尚三・黒木三郎・石川利夫先生古稀記念(第一法規・1993年)

「日本の協議離婚について」
 『戸籍時報』398号(日本加除出版・1991年)

「わが国における協議離婚と意思確認」
 『戸籍時報』(日本加除出版・1990〜1991年)

「就籍について」
 『法学紀要』30巻(日本大学法学研究所・1988年)

「棄児と戸籍」
 『民事研修』377号(法務省法務総合研究所・1988年)

「「名」の意義とその機能―裁判例と先例を通して―」
 法務省民事局編『民事月報』34巻12号(法曹会・1979年)

「名付けと名付け制限」
 『日本法学』71巻1号(日本大学法学研究所・2005年)

「内鮮間の認知と国籍の確定」
 『民事研修』293号(法務省法務総合研究所・1981年)

「認知の取消について」
 中川高男ほか編『民法基本論集第7巻家族法』(法学書院・1993年)

「後見・扶養」
 川井健・鎌田薫編 『基本問題セミナー民法3 親族・相続法』(一粒社・1990年)