TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 離婚 > 裁判例からみた「子の奪い合い」紛争の調停・裁判の実務

商品詳細

裁判例からみた「子の奪い合い」紛争の調停・裁判の実務 子引渡請求訴訟・人身保護請求・子引渡請求審判・ハーグ条約子返還請求

裁判例からみた「子の奪い合い」紛争の調停・裁判の実務 子引渡請求訴訟・人身保護請求・子引渡請求審判・ハーグ条約子返還請求
著者:
梶村太市/著 
判型:
A5判
ページ数:
464頁
発刊年月:
2015年1月
定価:
4,536円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4210-7
商品コード:
40576
略号:
子紛
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

関係する179裁判例を網羅!
今後の実務運用の指針を探る一冊

● 関係する裁判例を網羅し、年代順に配列
子の引渡請求、人身保護請求、親権者・監護者変更事件のほか、子の監護に関する処分、審判前の保全処分、間接強制、渉外事件など、関係する179裁判例を網羅し、年代順に配列。訴訟事件から非訟事件への変遷及び判例理論の変遷を踏まえ判決・審判・決定理由の要点を解説。

● 実務手続の留意点、今後の課題を指摘
これまでの裁判例で採用している「子引渡請求審判の具体的判断基準」など、実務において参考とすべき点をわかりやすく解説。また、今後の子引渡請求における実務的な課題やハーグ条約実施手続に関わる実務上の課題といった、今後の実務における指針についても言及。

第1章 子引渡請求の3手続の概要
?民事訴訟手続、?人身保護請求、?家事審判手続についての手続と実務の概要を解説。

第2章 子引渡裁判例の全容
明治時代から今日までの公開179裁判例を、網羅的かつ年代順に紹介。

第3章 子引渡裁判例の概観と実務的課題
各裁判例の守備範囲と裁判例の問題点を分析した上で、今後の裁判手続のあるべき姿を模索し、子引渡し請求手続の実務的課題について検討。

第4章 国際間の子返還ハーグ条約実施手続と実務的課題
これまでの子引渡紛争解決手続の実績を踏まえて、ハーグ条約実施法の全体の手続を概観し、併せて運用上の問題点を子返還非訟手続のあり方を中心に分析し、適正な運用指針を提言。

関連する好評図書はこちらです。