TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 家族法・家事事件一般 > 人事訴訟の要件事実と手続

商品詳細

人事訴訟の要件事実と手続 訴訟類型別にみる当事者適格から請求原因・抗弁まで

人事訴訟の要件事実と手続 訴訟類型別にみる当事者適格から請求原因・抗弁まで
著者:
岩井俊/著 
判型:
A5判
ページ数:
716頁
発刊年月:
2017年6月
定価:
7,128円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4403-3
商品コード:
40680
略号:
人訴要
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

人事訴訟の理論と実務を架橋する手引書

●裁判官・法科大学院教授をつとめた著者の豊富な経験と知識に基づいた実務家必携の一冊。
●実務上重要な「離婚訴訟」、「協議離婚の無効確認訴訟」、「認知訴訟」、「離縁訴訟」、「親子関係存否確認訴訟」などにつき、詳細に解説。
●各人事訴訟ごとに、調停段階から判決後の処理に至るまでの具体的な全体像を描きながら解説。要件事実の検討を通じてそれぞれの実体法上の問題についても検討。


著者紹介 岩井 俊(いわい しゅん)
 昭和42年東京地方裁判所判事補任官の後、昭和50年から同53年まで東京家庭裁判所家事部に勤務。平成13年から同15年まで大阪高等裁判所で、同16年から同19年まで東京高等裁判所で、それぞれ家事抗告事件を扱う集中部に勤務。平成19年東京高等裁判所判事をもって退官。
 平成19年から同27年まで、駿河台大学法科大学院教授。

関連する好評図書はこちらです。