TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 不動産登記 > Q&A 表示に関する登記の実務 第4巻

商品詳細

新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第4巻 建物の表題登記・建物の増築の登記

コンテナを改造したカラオケボックス、水族館の水槽や海上に浮かぶ建造物、不要となった貨車やバス、登記することができますか?…等々、難しい判断を求められる事例が満載!
新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第4巻 建物の表題登記・建物の増築の登記
著者:
中村隆・中込敏久/監修 荒堀稔穂/編集代表 
判型:
A5判
ページ数:
504頁
発刊年月:
2008年5月
定価:
4,860円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-3795-0
商品コード:
49084
略号:
表実4
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

●多種多様な建物の登記について具体的に解説。第4巻では,建物の表題登記,種類・構造・床面積,増築の登記について解説しています。
●Q&A形式で表示登記の実務を網羅的に解説。
法務局や土地家屋調査士の現場における具体的な疑問・実例をもとに,根拠条文・先例・判例と関連付けて簡潔に解説。執筆は登記実務のエキスパートによるものです。
●充実した索引で実務に最適。事項索引,法令・先例・判例索引を収録しました。

第1巻はこちらから→新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第1巻 −登記手続総論、土地の表題登記、分筆の登記−
第2巻はこちらから→新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第2巻 −合筆登記、地積更正、地目変更、地図訂正−
第3巻はこちらから→新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第3巻 −地積測量図、土地の滅失の登記、特殊登記−
第5巻はこちらから→新版 Q&A 表示に関する登記の実務 第5巻 −建物の合体・合併・分割の登記、区分建物の登記、建物の滅失の登記、建物図面関係−
特別編はこちらから→Q&A 表示に関する登記の実務 特別編 −筆界特定制度一問一答と事例解説 ―

関連する好評図書はこちらです。