TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > レジストラー・ブックス > レジストラー・ブックス129 設題解説 渉外戸籍実務の処理VII

商品詳細

レジストラー・ブックス129 設題解説 渉外戸籍実務の処理VII 親権・後見・死亡・国籍の得喪・氏の変更等 編

既存の解説が少なく、希少性の高い分野を信頼のある執筆陣が解説。定評のレジストラーブックス、「設題解説 渉外戸籍実務の処理」シリーズ第7弾。
レジストラー・ブックス129 設題解説 渉外戸籍実務の処理VII 親権・後見・死亡・国籍の得喪・氏の変更等 編
著者:
渉外戸籍実務研究会/著 
判型:
A5判
ページ数:
496頁
発刊年月:
2010年12月
定価:
4,320円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-3900-8
商品コード:
41129
略号:
設渉親
『レジストラー・ブックス129 設題解説 渉外戸籍実務の処理VII 親権・後見・死亡・国籍の得喪・氏の変更等 編』正誤表
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

●既存の解説が少なく、希少性の高い分野(親権・未成年後見・死亡失踪・復氏・姻族関係終了・国籍の得喪・氏名の変更)を信頼のある執筆陣が解説。
●わかりやすいQ&A形式。
●渉外戸籍に関する基本的考えから複雑な事例までを網羅。
●実務における指針となる、高い専門性と信頼性の内容。
●渉外的身分変動における法の適用について、現行実務の解釈がわかる。

関連する好評図書はこちらです。