TOP > 実務裁判例シリーズのご案内

実務裁判例シリーズ実務で使える裁判例を簡易裁判所判事の視点から厳選!

700 件もの入管関連の判例を網羅した画期的な一冊!

実務裁判例 出入国管理及び難民認定法

実務裁判例 出入国管理及び難民認定法

著者:
多賀谷一照/編著 
判型:
B5判
ページ数:
324頁
発刊年月:
2016年12月
定価:
3,888円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ● 過去10 年に発出された700 件の判例につき、「出入国管理関連」「難民認定制度関連」「行政行為、行政訴訟関連」の大きく3つに整理し収録。
  • ● 各判例の冒頭に内容を簡略化した見出しを付してあるので、探したい判例を容易 に検索可能。

同様の相談を受けたときの、確かな指針!重要、最新130判例を厳選

実務裁判例 借地借家契約における原状回復義務

実務裁判例 借地借家契約における信頼関係の破壊

著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
160頁
発刊年月:
2016年6月
定価:
2,160円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●原状回復義務、賃貸人修繕義務、必要費・有益費償還請求権、造作買取請求権に関する裁判例につき、義務・請求等を「認めた判例」「認めなかった判例」に分類した上でコンパクトに解説。
  • ●各判例の概要・要点・裁判例要旨が一目で確認できるよう、体裁を工夫。
  • ●付録として、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」も収録。

実際には、どう判断されているのか?関係する430判例の判断基準を一冊に

実務裁判例 借地借家契約における信頼関係の破壊

実務裁判例 借地借家契約における信頼関係の破壊

著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
348頁
発刊年月:
2015年4月
定価:
3,996円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●関係する430裁判例を、借地契約と借家契約に分類し、類型別に整理。
  • ●肯定した事例、否定した事例ごとに年月日順に配列しており、迅速かつ容易な検索が可能。
  • ●要旨をコンパクトに掲載した相談対応時にも役立つ一冊。

421の詳細な裁判例が実務上の判断に役立つ!「不利な特約条項」の相談対応に最適

実務裁判例 借地借家契約における各種特約の効力

実務裁判例 借地借家契約における各種特約の効力

著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
224頁
発刊年月:
2012年3月
定価:
2,808円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●賃貸借契約書にある様々な特約を類型化し、裁判例の重要部分をコンパクトに整理。
  • ●解決の方向性を見いだす! 無効とされる可能性の高い特約や賃貸借契約の解除の可否についての手がかりとなる裁判例を網羅。
  • ●和解・調停条項作成の際の参考となるオリジナルの和解条項、調停条項例を掲載。

近時の188裁判例を厳選!訴訟における「活きた指針」

第2版 実務裁判例 交通事故における過失相殺率 自転車・駐車場事故を中心にして

実務裁判例 交通事故における過失相殺率 自転車・駐車場事故を中心にして

著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
424頁
発刊年月:
2013年3月
定価:
4,536円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●裁判例を車種ごとに分類し、事故状況がわかる概略図、一目でわかる過失相殺率、裁判例の要点を掲げて解説。
  • ●参考となる和解条項例を収録。
  • ●自転車事故が急増中の状況下における必携書。

損害賠償請求権の消滅時効、代車料、休車損、評価損(格落ち)を含む、近時の216裁判例を厳選!

実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題

実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題

著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
392頁
発刊年月:
2014年2月
定価:
4,428円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●交通事故に基づく損害賠償請求権に関する消滅時効の援用を始めとして、実務でよく主張される代車料や休車損、評価損(格落ち)の裁判例を収録。
  • ●高速道路事案における裁判例(車線変更や多重衝突、料金所付近における事故等)も整理。
  • ●示談・調停・訴訟必携の一冊。

「これからの」過払金訴訟実務に役立つ!実務で使える124の裁判例を簡易裁判所判事の視点から厳選

実務裁判例 過払金返還請求訴訟

実務裁判例 過払金返還請求訴訟

著者:
輿石武裕/著 
判型:
B5判
ページ数:
208頁
発刊年月:
2014年6月
定価:
2,700円 (税込)

詳細情報や試し読みはこちら

  • ●第1編では、過払金返還請求訴訟の要件事実、裁判例の変遷、上限金利の推移を解説し、グレーゾーン金利の廃止(H18)までの歴史的変遷がわかる。
  • ●第2編では、みなし弁済、取引履歴、悪意の受益者等の典型論点から、近年問題となっている消滅時効、貸金債権の譲渡等の論点まで、31の類型別に実務上重要となる裁判例の要点を整理。
  • ●参考となる和解条項例、関連法令も収録。