TOP > 正誤表、Q&A > 「ガイダンス土地家屋調査士報酬」平成25年1月1日以降の対応について

正誤表、Q&A

「ガイダンス土地家屋調査士報酬」平成25年1月1日以降の対応について

 このたびは「ガイダンス土地家屋調査士報酬 CD-ROM付」をご購入くださいまして、厚く御礼申し上げます。
 「東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法」(平成23年法律第117号)が平成25年1月1日から施行されることから、所得税の源泉徴収義務者は、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に生ずる所得について、源泉所得税を徴収する際に、復興特別所得税(源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額)を併せて徴収し、納付しなければならないこととされました。

 これに伴い、土地家屋調査士の業務報酬に係る源泉徴収も対象となることから、日本土地家屋調査士会連合会会則施行規則第17条第3項に規定する「領収証」(附録第9号)の様式が変更されています(平成24年10月10日付日調連発第188号通知)。

 本書付録のCD-ROMソフトウェアを使用して請求書及び領収証を作成される場合には、お手数をおかけしますが、お客様各位にて、ソフトウェアで出力されるエクセルの表を修正して対応くださいますようお願い申し上げます。

※該当箇所は「請求書・領収証」の「じ酸所得税」の欄になります。
  改正前 …( 10,000)×10%
  改正後 …( 10,000)×10%×1.021