TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 不動産登記 > 新訂 設問解説 相続法と登記

商品詳細

新訂 設問解説 相続法と登記

新訂 設問解説 相続法と登記
著者:
幸良秋夫/著 
判型:
A5判
ページ数:
732頁
発刊年月:
2018年11月
定価:
7,128円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4509-2
商品コード:
40305
略号:
相登
買い物かごに入れる
お気に入りに追加
予約受付中

商品情報

【ご注意ください】
こちらの商品は予約商品です。
商品発送は発売開始(11月中旬)以降となります。
あらかじめご了承ください。



相続法改正をはじめとする近時の法改正を踏まえた
8年ぶりの全面改訂版!

最新の実務を反映!設問数も大幅増(141問→169問) !
登記申請書式、引用裁判例も見直し!
●相続法改正の内容を紹介(自筆証書遺言の方式の緩和、遺言書の保管制度の創設、可分債権の遺産分割における取扱いの変更、配偶者居住権の保護、遺言執行者の権限の明確化――など)。
●相続登記の促進を図るための重要先例(登記原因証明情報(相続を証する情報) の要件緩和、数次相続の手続の簡略化ほか) と、法定相続情報証明制度(平成29 年4 月17 日通達) について解説。
●嫡出でない子の相続分の取扱い(最大決平成25 年9 月4 日)、預金債権の遺産分割における取扱い(最大決平成28年12月19日) 等、重要判例に基づく実務の変更を反映。
●「死因贈与と登記」、「相続させる旨の遺言(特定財産承継遺言)」、「遺言の執行」について詳解。

<本書のポイント>
● 169問の設問を交えながら、具体的設例で相続・遺言実務を体系的に解説。
● 旧民法・応急措置法における相続や、外国人に関する相続登記についても解説。
● 根拠となる判例・先例を500以上収録し、重要なものについては要旨まで掲載。
● 「登記申請書式例」「不動産登記記録例」「遺言文例」等、実務に役立つ書式も収録

関連する好評図書はこちらです。