TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 戸籍 > 第3版 戸籍の重箱

商品詳細

第3版 戸籍の重箱 初任者のための戸籍実務のレシピ

第3版 戸籍の重箱 初任者のための戸籍実務のレシピ
著者:
山下敦子/著 
判型:
B5判
ページ数:
312頁
発刊年月:
2019年3月
定価:
3,240円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4547-4
商品コード:
40393
略号:
重箱
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

「わかりやすい」「読みやすい」「面白い」と
実務の現場から大好評のロングセラー!

<本書の構成>
〇前菜(戸籍のこころ)〜この本を読む前に〜
初任者の方にまず知ってほしい心構えなどを紹介。

〇壱の重(基本の箱)〜戸籍実務全般に通じる絶対必要な知識〜
絶対に覚えてほしい基本として、届書全般にわたって必要な知識を掲載。
臨機応変に窓口対応できるように、新たな制度や、法改正などについても説明。

〇弐の重(学習の箱)〜各届書の処理の学習〜
各届書の処理における基礎知識や留意点について説明。

〇参の重(物語の箱)〜ふたりの若者とひとりの女性の人生を戸籍で追う〜
「蹴人くん」「克喜くん」「梅子さん」3人の人生の様々なターニングポイントと関連する戸籍実務を物語で紹介。
旧法の時代から現代に至るまでの届書や記載例も掲載。

〇重箱の隅(味わいの箱)〜日常の窓口の問題点を一緒に考える〜
「窓口で失敗しないため」の参考となる、具体的な事例と対応方法を紹介。


<改訂のポイント>
・家事事件手続法、親権・後見に関する民法等の一部改正の施行を踏まえ説明や物語を加筆修正。再婚禁止期間に関する民法改正等にも対応。
・著者の実体験に基づく新しい窓口事例も追加。

<読者の声>
・非常にわかりやすく戸籍の入門によく使えます。
・先輩からすすめられて購入しました。わかりやすく、楽しく読み進めることができます。
・日々活用しています。表現がわかりやすくてとても良いです。
・蹴人くんの人生を通して、戸籍が身近でわかりやすいものになりました。

関連する好評図書はこちらです。