TOP > 単行本書籍 > 民事法・民事事件 > 不動産法 > 第2版 事例解説 不動産をめぐる税金

商品詳細

第2版 事例解説 不動産をめぐる税金 不動産の取得/相続・贈与/保有・賃貸/譲渡

第2版 事例解説 不動産をめぐる税金 不動産の取得/相続・贈与/保有・賃貸/譲渡
著者:
桑原秀年・關場修・庄司範秋/編著 
判型:
A5判
ページ数:
508頁
発刊年月:
2014年3月
定価:
4,968円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4145-2
商品コード:
40481
略号:
不税
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

実務に即して活用できる!
さまざまな場面を想定した189のQ&Aを収録

● 大幅な改正のあった「相続税・贈与税」についてポイントごとにまとめて解説。
● 取引の形態別に、関係する税の種類と概要を説明。
● 相続・贈与、賃貸及び譲渡等が行われる際の課税関係、特例適用の条件や留意点、計算例を具体的な事例を用いて解説。
● 元国税庁職員OBの税理士による、信頼のおける内容。

【具体的な設例で必要知識をフォロー!】
Q:夫婦共有の住宅を夫が資金を出して増築した場合の特別控除の適用は?
Q:亡くなった父の代から使用して時効取得した土地への課税は?
Q:相続した農地で賃貸マンションの経営をする場合の相続税の負担は?
Q:外国人と結婚し国外に住んでいる子どもに土地と建物を贈与する場合の手続は?
Q:慰謝料としてローンの残ったマンションを渡す場合の税金対策は?
Q:所有権保存登記をされていなかった20年前に親が購入した建売住宅の登録免許説はどうなるの?

著者紹介
桑原秀年(税理士)国税庁調査査察部調査課主査、税務大学校教育第二部教授、東京国税局課税第一部国税訟務官室国税訟務官、東京国税局調査第一部調査開発課長、豊島税務署長を歴任。

關場 修(税理士)国税庁課税部資産税課課長補佐、国税不服審判所(本部)国税審判官、税務大学校教育第二部主任教授、東京国税局課税第一部資料調査第二課長、成田税務署長を歴任。

庄司範秋(税理士)国税庁課税部資産税課課長補佐、東京国税局課税第一部資産評価官、国税庁課税部資産評価企画官、練馬東税務署長、福岡国税不服審判所長を歴任。

関連する好評図書はこちらです。