TOP > 単行本書籍 > 民事法・民事事件 > 民事訴訟・民事法務一般 > 民事訴訟における事案の解明

商品詳細

民事訴訟における事案の解明

民事訴訟における事案の解明
著者:
松本博之/著 
判型:
A5判
ページ数:
400頁
発刊年月:
2015年3月
定価:
6,264円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4214-5
商品コード:
40579
略号:
民解
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

具体的な争点を確定するための
当事者の義務及び相手方の協力義務について
その根拠と意義・機能を考究した意欲作

●当事者の具体的事実陳述責任ないし義務の観念の必要性および有効性とその根拠を明らかにし、この概念の確立に寄与することを目的とする一冊。
●当事者間の実体関係に即した方法で、事実や証拠の偏在という現実に対処できる解釈を展開。
●最近の要件事実論との関連についても言及。

序 章 問題の所在と本書の課題
第1章 民事訴訟における証明責任を負わない当事者の具体的事実陳述=証拠提出義務
第2章 製造物責任訴訟における証明責任と証明軽減
第3章 保険金請求訴訟における証明責任と具体的事実陳述義務
第4章 不当利得返還請求における法律上の原因の欠缺および利得についての証明責任と具体的事実陳述義務
第5章 安全配慮義務違反に関する証明責任の分配と具体的事実陳述義務
第6章 ドイツにおける当事者の具体的事実陳述=証拠提出義務論の意義と展開
終 章 要約と展望

関連する好評図書はこちらです。