TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 遺言・相続 > 事例でわかる 基礎からはじめる 旧民法相続に関する法律と実務

商品詳細

事例でわかる 基礎からはじめる 旧民法相続に関する法律と実務 民法・戸籍の変遷、家督相続・遺産相続、戸主、婿・養子、継子・嫡母庶子、入夫、相続人の特定、所有者不明土地

事例でわかる 基礎からはじめる 旧民法相続に関する法律と実務 民法・戸籍の変遷、家督相続・遺産相続、戸主、婿・養子、継子・嫡母庶子、入夫、相続人の特定、所有者不明土地
著者:
末光祐一/著 
判型:
A5判
ページ数:
392頁
発刊年月:
2019年5月
定価:
4,180円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4568-9
商品コード:
40766
略号:
事旧民
『事例でわかる 基礎からはじめる 旧民法相続に関する法律と実務 民法・戸籍の変遷、家督相続・遺産相続、戸主、婿・養子、継子・嫡母庶子、入夫、相続人の特定、所有者不明土地』正誤表
買い物かごに入れる 電子書籍の購入へ
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF


相続人の特定、相続登記等の場面に欠かせない
旧民法に対する知識・理解が身に付く一冊
【旧民法相続の基本書】

【早稲田大学大学院法務研究科教授  山野目章夫氏 推薦!】

● 旧民法そのものに焦点を当て、親族、相続に関する129の具体的事例を示しつつ、旧民法の条文に基づいて、論点を整理しながら、平易にわかりやすく解説。
● 新旧民法の交差する相続について、判例・先例・実例を網羅して解説した「事例でわかる戦前・戦後の新旧民法が交差する相続に関する法律と実務〜家督相続人不選定・家附の継子の相続登記、家督相続、 遺産相続、絶家、隠居〜(2017年9月刊)」の姉妹図書。

関連する好評図書はこちらです。