TOP > 単行本書籍 > その他 > その他 > 司法書士白書 2019年版

商品詳細

司法書士白書 2019年版

司法書士白書 2019年版
著者:
日本司法書士会連合会/編 
判型:
A4判
ページ数:
216頁
発刊年月:
2019年6月
定価:
2,268円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4566-5
商品コード:
51007
略号:
1司白
在庫なし
お気に入りに追加

商品情報

・司法書士制度、登記制度、本人訴訟支援を含む裁判業務等の司法書士業務全般並びに司法書士の社会活動など多様な切り口から収集したデータを掲載。
・特集記事として、日司連が最重要課題として取組んできた『司法過疎』について、その取組みを始めた歴史的経緯や事業内容を振り返るとともに、1司法過疎地での開業の実際、2司法過疎対策とこれからの司法書士の役割をテーマに掲げ、「司法過疎と司法書士~司法書士が果たすべき役割と今後の展望」と題して、今後の展開・あり方等検討した座談会を開催。また司法過疎地で開業している会員を対象に実施したアンケート調査の集計結果も収録。
・【1章】から【5章】・【資料】は、司法書士が業務として関係する各種統計資料とその解説。
・各種統計資料等から「くらしの法律家」としての司法書士業務の経年の変化を読み取ることができる。