TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > レジストラー・ブックス > レジストラーブックス157 改訂 設題解説 渉外戸籍実務の処理IV

商品詳細

レジストラーブックス157 改訂 設題解説 渉外戸籍実務の処理IV 出生・認知編

レジストラーブックス157 改訂 設題解説 渉外戸籍実務の処理IV 出生・認知編
著者:
渉外戸籍実務研究会/著 
判型:
A5判
ページ数:
456頁
発刊年月:
2020年5月
定価:
4,840円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4648-8
商品コード:
41157
略号:
設渉出
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

国際私法・渉外戸籍の基礎を詳解する実務の指針

●渉外出生・認知事件を適正・円滑に処理する上で求められる知識の養成の一助に。
●具体的届出事件の処理上生ずる疑問や問題点等に対する理解を深めるために。
●各設題の解説は、渉外出生・認知の届出等に関する窓口相談対応の参考に。

実務上のよくある疑問に答える、123問のQ&Aを収録!
(設問抜粋)
【出生編】
Q:嫡出親子関係の成立については,どこの国の法によることになりますか。?
Q:外国で,婚姻中の日本人父又は母から生まれた子の国籍は,どのようになりますか ?
【認知編】
Q:渉外的な認知において,血縁上の父が任意に認知をしない場合,子はどのようにすればよいですか。また,どのような場合に,わが国の裁判所は国際的裁判管轄権を有しますか ?
Q:外国でなされた認知についての戸籍法第41条第1項に定める証書としては,どのようなものがありますか。父の氏名が記載された子の出生証明書はどうですか ?