レジストラー・ブックス126 改訂 設題解説 戸籍実務の処理III 出生・認知編

本体 ¥ 4,000
¥ 4,400 税込

著者:木村 三男/監修 竹澤 雅二郎・荒木 文明/著
判型:A5判
ページ数:428頁
発刊年月:2009年12月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3846-9
商品コード:41126
略号:設出

残りわずかです。

商品情報

【本書のポイント】
● 戸籍届出事件の中でも比較的事件数の多い「出生・認知」の
両届出事件の処理について詳解。
● 届出事件の処理に当たって生ずる疑問や問題点について、
できるだけ設題を細分し、丁寧に分かりやすく解説!
● 出生編(65問)、認知編(91問)ともに、窓口相談等の対応
の上で参考となる事例を豊富に収録!

【改訂概要】
出生編
●嫡出でない子の戸籍における父母との続柄の記載の取扱いについて
●婚姻の解消又は取消し後300日以内に生まれた子のうち、医師の作成した「懐胎
時期に関する証明書」が添付された出生の届出に関する取扱いについて

認知編
●外国人母の夫の嫡出推定を受ける子について、日本人男から認知の届出があった
場合における当該出生子の日本国籍取得の取扱いについて
●平成20年5月1日施行の改正戸籍法(平成19年法律第35号)における、認知等
の創設的届出がなされた場合の窓口での本人確認制度に関わる取扱いについて
●上記改正戸籍法で新たに設けられた不受理申出制度の取扱いについて

目次

第一章 出  生(全 65 問)
第一 総  説
第二 出生子の態様とその出生届
一 嫡 出 子
二 準正嫡出子
三 嫡出でない子
四 国籍の留保を要する子の出生届
第三 出生子の名
第四 棄   児
一 棄児発見の申出と調書
二 棄児の引取りと戸籍訂正
第五 出生の届出及び届書の処理
一 届出期間
二 届出地
三 届出義務者
四 届書の様式及び記載事項
五 添付書類
六 求指示による場合の処理
第六 出生子の称する氏・入籍戸籍及び戸籍の処理
一 嫡 出 子
二 準正嫡出子
三 嫡出でない子
第七 渉外的出生届
一 嫡出親子関係
二 準正による嫡出親子関係
三 非嫡出親子関係
第二章 認  知(全 91 問)
第一 総  説
第二 任意認知
一 認知一般
二 任意認知の成立要件
三 認知の届出とその処理
四 成年の子の認知
五 死亡した子の認知
六 胎児認知
七 遺言認知
第三 強制認知(裁判認知)
一 認知の訴えの意義
二 認知の訴えの要件
第四 認知の効力
一 認知の効力
二 認知の効果と戸籍
三 認知の無効・取消し
第五 認知の届出及び戸籍の処理
一 届出の諸要件
二 届書の様式 .書式例.
三 届出事件本人の確認
四 不受理申出
五 戸籍受附帳の処理
六 戸籍記載の処理 .記載例.
第六 渉外に関する認知
一 認知の準拠法
二 認知の成立要件
三 胎児認知
四 離婚後の認知
五 認知の届書の処理と戸籍の記載
六 在外日本人の渉外認知

PAGE TOP