全訂 判例先例 相続法III

本体 ¥ 4,800
¥ 5,280 税込

著者:松原正明/著
判型:A5判上製
ページ数:480頁
発刊年月:2008年1月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-0212-5
商品コード:49060
略号:判相3

商品情報

好評2刷

●相続制度の変遷に対応!
聴覚・言語機能障害者の公正証書遺言に関する法改正(平成11年)、民法の現代語化に関する法改正(平成16年)に対応。
●文末注から脚注に!
注を文末注から脚注に改め、判例先例の位置を本文と近づけ、新たに索引を加えたほか、文献の引用に正確さを期した。
●先判例が存在しない部分についても出来る限り記述!
旧版では叙述を控えた判例先例の存在しない部分についても、全訂版においては、著者の認識の範囲でこれを記述することとしたため、論文的な叙述が旧版より増加。
●立法及び法律改正過程における議論についても紹介!
正確な条文解釈のもとに実務上の問題点を把握するため、それに資すると考えられる範囲で、立法及び法改正過程における議論を多数紹介。

I巻はこちらから→全訂 判例先例 相続法I(総則・相続人・相続の効力)
II巻はこちらから→全訂 判例先例 相続法II(相続の効力)
IV巻はこちらから→全訂 判例先例 相続法IV(遺言(総説・方式・一般的効力・遺贈))
V巻はこちらから→全訂 判例先例 相続法V(遺言(遺贈・執行)・遺留分)

目次

第4章 相続の承認及び放棄

 第1節 総則

  1 相続選択の自由

  2 清算主義と承継主義

  3 承認・放棄の期間

 第2節 単純承認

  1 単純承認

  2 法定単純承認

 第3節 限定承認

  1 総説

  2 方式

  3 効果

 第4節 相続放棄

  1 趣旨

  2 放棄の自由

  3 放棄の方式

  4 放棄の効果

  5 相続放棄者の管理継続義務


第5章 財産分離


第6章 相続人の不存在

 第1節 相続財産法人

  1 相続人の不存在の意義

  2 事件数の推移

  3 相続財産法人の成立

  4 相続財産法人の消滅

  5 相続財産法人の法的性質

  6 相続人不存在手続に伴う公告

  7 相続財産管理人

 第2節 特別縁故者に対する相続財産の分与

  1 総説

  2 特別縁故者の法的地位

  3 特別縁故者の意義-親族関係の有無

  4 特別縁故者の範囲

 第3節 相続財産の国庫帰属

  1 国庫帰属の法的性質

  2 国庫帰属の時期

  3 国庫帰属財産の引渡し



事項索引

判例・先例索引

PAGE TOP