司法書士の責任と懲戒

本体 ¥ 3,400
¥ 3,740 税込

著者:石谷毅・八神聖/著
判型:A5判
ページ数:404頁
発刊年月:2013年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4090-5
商品コード:40513
略号:司責

商品情報



【日本司法書士会連合会会長推薦】

民事責任についての判例や懲戒事例の整理・分析から、
司法書士の行為規範を明らかにする一冊!

●判例や懲戒事例が一冊でわかる。
●司法書士業務についての論点をまとめた上で、民事責任についての判例の中から137件、累計400件超の懲戒事例の中から176件を整理・分析。
●特に新人司法書士にとっては、一定の懲戒に関する目安を得られるとともに、「業務の落とし穴」を学ぶことができる。

目次

第1章 司法書士の業務に関する論点
 1.司法書士の業務の沿革
 2.司法書士法3条1項に定める各業務
 3.登記手続代理に関する問題
 4.犯収法と本人確認等の確認の会則改正
 5.「裁判書類作成」における業務範囲
 6.簡裁訴訟代理等関係業務
 7.司法書士法3条1項5号の相談と7号の相談

第2章 司法書士の民事責任(専門家責任)

第3章 司法書士の懲戒
 1.総説
 2.司法書士の懲戒制度の概観
 3.現行の司法書士懲戒制度の問題点
 4.「自主懲戒」論
 5.懲戒事例の概観・分析
 6.処分の事由別の懲戒事例の概要
 7.執務上の留意点

PAGE TOP