土地家屋調査士白書2020

本体 ¥ 1,900
¥ 2,090 税込

著者:日本土地家屋調査士会連合会/編
判型:A4判
ページ数:168頁
発刊年月:2020年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4660-0
商品コード:51008
略号:2調白

入荷待ち

商品情報

土地家屋調査士の誕生から70年
実勢や取り巻く環境について収録した、貴重な資料

● 土地家屋調査士及び土地家屋調査士会に関する様々な統計データを一元的に集約。
● 制度広報や、将来の展望に際しての統計集としても活用できる。
● 特集「法改正と土地家屋調査士の役割(座談会)」では、前法務省民事局長・小野瀬厚氏を迎え、土地家屋調査士法をはじめとした様々な関連法令の改正を通じて、今後、土地家屋調査士がどのような役割を担っていくのか等について掘り下げる。

目次

特集 法改正と土地家屋調査士の役割
 小野瀬厚(宇都宮地方・家庭裁判所所長、前法務職民事局長)
 國吉正和(日本土地家屋調査士会連合会会長)
 鈴木泰介(日本土地家屋調査士会連合会副会長)

第1章 安心して暮らせる社会の実現を目指す
 1 所有者不明土地問題、空き家問題と土地家屋調査士の関わり
 2 大規模災害と土地家屋調査士
 3 土地家屋調査士の啓発活動

第2章 境界紛争のない社会を目指す
 1 土地境界紛争が起きない社会~「境界紛争ゼロ宣言!!」~
 2 国際地籍シンポジウムの開催
 3 地籍問題研究会
 4 土地の筆界に関する「地域の慣習(地図等の歴史的資料類)」の研究
 5 土地家屋調査士会が運営するADR 境界問題相談センター
 6 筆界特定制度と土地家屋調査士の関わり
 7 土地家屋調査士の司法参加

第3章 不動産に関する権利の明確化に寄与する
 1 不動産登記事件数の推移
 2 土地の表示に関する主な登記事件数の推移
 3 建物の表示に関する主な登記事件数の推移
 4 土地家屋調査士とオンライン登記申請
 5 公共嘱託登記
 6 登記所備付地図作成作業

第4章 研究、研鑽し、発信する
 1 日本土地家屋調査士会連合会の「研究所」について
 2 国際的な法整備支援事業への協力
 3 土地家屋調査士特別研修とADR 代理関係業務認定土地家屋調査士
 4 土地家屋調査士新人研修
 5 土地家屋調査士会による研修会
 6 e ラーニングによる土地家屋調査士の研修の充実化
 7 土地家屋調査士専門職能継続学習(土地家屋調査士CPD)制度

第5章 日本全国あなたの近くの土地家屋調査士
 1 全国の土地家屋調査士会
 2 全国の土地家屋調査士人口
 3 土地家屋調査士試験受験者数、合格者数、合格率等
 4 都道府県別人口と各法律専門職等士業人口
 5 各都道府県における土地家屋調査士(法人含む)事務所の補助者について
 6 日本土地家屋調査士会連合会組織について
 7 土地家屋調査士政治連盟
 8 土地家屋調査士の使命~土地家屋調査士法の一部を改正する法律~

第6章 土地家屋調査士自らを省みる
 1 土地家屋調査士の登録
 2 懲戒処分

第7章 土地家屋調査士が歩み続けた道
 1 土地家屋調査士制度の誕生
 2 日本土地家屋調査士会連合会の歩み並びに土地家屋調査士制度及び不動産登記制度の変遷

参考資料 国土交通省発表「土地白書」から

PAGE TOP