第5版 よくわかる入管手続

基礎知識・申請実務と相談事例
本体 ¥ 3,600
¥ 3,960 税込

著者:佐野秀雄・佐野誠/著
判型:A5判
ページ数:388頁
発刊年月:2017年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4411-8
商品コード:40229
略号:入実

商品情報



~基礎知識から在留手続、在留資格、帰化申請まで~
初任者がまず読むべき一冊!
実務経験者が基本に立ち戻る際にも有用な必備書!

● 法律や関係省令などの解釈・解説はもちろん、申請手続や依頼者に対する対応などの実務ポイントまでを具体的に解説。
● 在留資格ごとに概要や必要書類、よくある事例等を図表を交えて解説。
● 相談事例を元にした具体的Q&A112問も収録。

目次

第 1 編 入管法を知るための基礎知識
第1章 入管法を知るために(基礎知識)~入管法の基本を押さえておこう
1.旅券(パスポート)とは?
2.査証(ビザ)とは?
3.上陸手続とは?
4.在留資格制度とは?
5.在留カードとは?
6.外国人の住民記録
7.申請取次制度とは?
8.就労資格証明書とは?
9.入管法上の身元保証とは?
10.退去強制手続(在留特別許可を含む。)とは?
11.入国管理局の役割とは?
12.出入国管理行政の課題と今後の方針

第 2 編 申請手続の基礎知識
第1章 上陸手続
1.査証(ビザ)発給手続の種類
2.「在留資格認定証明書」による上陸手続
3.在留資格認定証明書に関するQ&A
第2章 在留手続(外国人が日本に在留するための手続等)
1.在留資格変更許可申請とは?
2.在留期間更新許可申請とは?
3.在留資格取得許可申請(入管法第22条の2)とは?
4.再入国の許可(みなし再入国許可)(入管法第26条)とは?
5.資格外活動許可(入管法第19条第2項)とは?

第 3 編 在留資格ごとの基準と必要書類
第1章 就労が認められる在留資格
1.教 授
2.芸 術
3.宗 教
4.報 道
5.高度専門職
6.経営・管理
7.法律・会計業務
8.医 療
9.研 究
10.教 育
11.技術・人文知識・国際業務
12.企業内転勤
13.興 行
14.技 能
15.技能実習

第2章 原則として就労が認められない在留資格
1.文化活動
2.短期滞在
3.留 学
4.研 修
5.家族滞在

第3章 個別の許可を内容とする在留資格
特定活動

第4章 就労活動に制限のない在留資格
1.永住者
2.日本人の配偶者等
3.永住者の配偶者等
4.定住者

第 4 編 帰化申請を知るために
1.帰化許可申請とは?
2.帰化許可申請の条件とは?
3.実 例
4.帰化申請手続の方法と必要書類

第 5 編 入管手続の相談事例 Q&A

1 「経営・管理」Q&A 12問
(Q1)投資額について
(Q2)就業中の起業
(Q3)「経営・管理」取得までの流れ
(Q4)設立間際の雇用
(Q5)留学生の起業
(Q6)会社の種類
(Q7)海外居住者の起業
(Q8)「技能」から「経営・管理」へ
(Q9)「経営・管理」と「企業内転勤」の違い
(Q10)従業員2人の雇用について
(Q11)レンタルオフィスでの起業
(Q12)韓国企業の日本進出

2 「技術・人文知識・国際業務」Q&A 15問
(Q1)個人事業主での「技術・人文知識・国際業務」の取得
(Q2)文系・理系の区別
(Q3)外国人従業員の給与額
(Q4)人材派遣での「技術・人文知識・国際業務」の取得
(Q5)外国人従業員の出向
(Q6)アルバイト先での雇用
(Q7)語学教師
(Q8)ホテル業での「技術・人文知識・国際業務」
(Q9)派遣会社への就職
(Q10)海外事業予定での就職
(Q11)転職時の手続
(Q12)「短期滞在」からの変更
(Q13)外国人従業員の呼び寄せ
(Q14)海外での在留資格更新手続
(Q15)転職時の無職の期間が長いケース

3 「企業内転勤」Q&A 7問
(Q1)一般的な「企業内転勤」
(Q2)企業内転勤者の転職
(Q3)関連会社間での出向範囲
(Q4)給与の支給形態
(Q5)営業所の形態
(Q6)「企業内転勤」と「経営・管理」の違い
(Q7)「企業内転勤」と学歴

4 「興 行」Q&A 4問
(Q1)収入を伴わない興行
(Q2)パブでのダンサー招へい
(Q3)フラダンサーの招へい
(Q4)「興行」への変更

5 「技 能」Q&A 9問
(Q1)中華料理調理師の招へい
(Q2)点心技師の招へい
(Q3)領事館での査証(ビザ)発給拒否
(Q4)クイックマッサージ
(Q5)外国機械のメンテナンス
(Q6)実務経験年数の数え方
(Q7)韓国料理の調理師招へい
(Q8)研磨技術者の招へい
(Q9)スポーツインストラクターの招へい

6 「短期滞在」Q&A 4問
(Q1)商用での「短期滞在」の取得
(Q2)親族訪問での「短期滞在」の取得
(Q3)空港での上陸拒否
(Q4)「短期滞在」の延長

7 「研修」「技能実習」Q&A 7問
(Q1)技能実習法について
(Q2)再研修
(Q3)実務研修と非実務研修の違い
(Q4)事業協同組合を通した技能実習生の招へい
(Q5)取引先からの技能実習生の招へい
(Q6)技能実習での講習と非実務研修の違い
(Q7)日本食の実習

8 「家族滞在」Q&A 6問
(Q1)「家族滞在」の要件
(Q2)留学生の「家族滞在」
(Q3)資格外活動
(Q4)婚約者について
(Q5)家族滞在者が海外で生活する場合
(Q6)同性婚の配偶者の呼び寄せ

9 「特定活動」Q&A 5問
(Q1)家事使用人の招へい
(Q2)ワーキング・ホリデー
(Q3)インターンシップでの招へい
(Q4)不許可に伴う「特定活動」
(Q5)親の呼び寄せ

10 「永住者」Q&A 11問
(Q1)永住要件について
(Q2)滞在が10年未満のケース
(Q3)永住申請と既存の在留資格の更新について
(Q4)年間の滞在日数が少ないケース
(Q5)交通違反があるケース
(Q6)身元保証人の保証内容
(Q7)不法滞在歴と永住申請
(Q8)滞在年数の数え方
(Q9)「企業内転勤」からの永住申請
(Q10)「日本人の配偶者等」で日本滞在年数が1年未満のケース
(Q11)「永住」の取消しについて

11 「日本人の配偶者等」Q&A 11問
(Q1)国際結婚と在留資格
(Q2)「短期滞在」からの婚姻
(Q3)不許可となった場合
(Q4)海外で婚姻し日本に戻ってくる場合
(Q5)収入証明書が取得できない場合
(Q6)夫婦が別居している場合
(Q7)再婚後の更新手続
(Q8)離婚後の残存期間の扱い
(Q9)離婚後の在留資格変更について
(Q10)結婚期間が短い人が離婚した場合
(Q11)妻の逮捕歴 12 「定住者」Q&A 4問
(Q1)「日本人の配偶者等」から「定住者」への変更
(Q2)未成年者の招へい
(Q3)日本国籍の子供の扶養
(Q4)成人した子供の招へい

13 「 不法滞在と手続(在留特別許可,上陸特別許可を含む。)」Q&A 9問
(Q1)仮放免と在留特別許可
(Q2)不倫関係
(Q3)出国命令制度について
(Q4)家族全員が不法滞在
(Q5)パスポートの偽造
(Q6)母親の不法滞在
(Q7)雇用先での不法就労
(Q8)上陸特別許可
(Q9)更新をうっかり忘れたケース

14 「帰 化」Q&A 9問
(Q1)永住と帰化の違い
(Q2)海外出張が多いケース
(Q3)不倫同棲しているケース
(Q4)就労3年未満
(Q5)家族全員で申請できないケース
(Q6)子供だけが海外にいる場合
(Q7)再婚後の帰化申請のタイミング
(Q8)来日して間もない子供の帰化申請
(Q9)生活保護を受けているケース

PAGE TOP