戸籍時報 2021年5月特別増刊号vol.810

本体 ¥ 1,200
¥ 1,320 税込

著者:戸籍時報編集部/編
判型:A5判
ページ数:124頁
発刊年月:2021年5月刊
ISBN/ISSN:0912-1579
商品コード:31101
略号:時

商品情報

戸籍行政をめぐる現下の諸問題
土手 敏行(法務省民事局民事第一課長)

は し が き

 「家族法・戸籍制度研究会」の第39回定例研究会は,新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け,去る令和2年12月5日,従来の会場での開催に代えて,インターネットを利用したテレビ会議システムによるオンライン方式にて開催されました。今回の研究会では,法務省民事局民事第一課の土手敏行課長から「戸籍行政をめぐる現下の諸問題」と題する講演が行われました。

 今回の講演におきまして土手課長は,まず,令和元年改正戸籍法について,すでに施行された条文を振り返るとともに,令和5年度施行予定の戸籍情報連携のためのシステムに係る改正内容を,わかりやすくまとめてくださいました。また,無戸籍の解消について,法制審議会での嫡出推定規定に関する検討,当事者への実例紹介のための工夫や丁寧な手続案内など,近時の取組をご紹介されるとともに,今後とも,正しく情報を把握し,関連機関などとの連携による取組の継続の必要性を述べられています。

 そして,昨今の戸籍行政を取り巻くトピックとして,読み仮名の法制化等,戸籍の届書の署名・押印についてもご解説をいただきました。読み仮名の法制化等については,現行制度の概要と今後の工程についてご説明されるとともに,氏名の読み仮名が,デジタル社会における重要な要素として,これを法制化する場合の論点整理と対応方針の決定が求められている旨をお話されています。また,戸籍の届書の署名・押印については,これまでの法令の変遷を整理しながら,戸籍の届出のオンライン化に関する問題,今後の法令,通達等の改正の検討についても言及されています。

 ご講演後,本誌発刊までの間,去る令和3年2月9日には「民法(親子法制)等の改正に関する中間試案」が取りまとめられました。また,同日,「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案」が第204回国会にて提出され,4月6日の衆議院本会議で可決,同月14日の参議院本会議で審議入りしています(5月10日現在未成立)。今後も,これらのテーマも含めて家族法・戸籍制度に関する様々課題について検討や議論がますます進められていくと推察されるところ,本講演で行われた土手課長の解説につきましては,戸籍実務に携わっておられる方々をはじめとして,家庭裁判所の職員の方々,家族法及び戸籍制度の研究に当たっておられる方々にとっても裨益するところが少なくないと思われます。そこで,今回の戸籍時報特別増刊号においても,講演者及び家族法・戸籍制度研究会のご了承を得て,その講演内容を掲載させていただくこととしました。

 終わりに,本書の編集に際し「家族法・戸籍制度研究会」の格別のご配慮に対し,厚く御礼申し上げますとともに,本書が読者の方々のために多少でもお役に立てれば幸いであります。

 なお,読者の皆様には,「戸籍時報」及び同増刊号の編集について,今後ともいっそうのご指導,ご鞭撻をいただきますよう,お願い申し上げます。

 令和3年5月
戸籍時報編集部

目次

【第1部 講  演】
ご挨拶
はじめに
第1 令和元年改正戸籍法について
 1 これまでの検討の経緯
 2 改正法の概要
  (1) 令和元年6月20日施行分
  (2) 令和2年5月1日施行分
  (3) 令和5年度中施行予定分
   ア マイナンバー制度の下での社会保障関係行政機関への戸籍関係情報の提供
   イ 戸籍の届出の審査における他の市区町村の戸籍情報の参照
   ウ 本籍地以外での戸籍謄抄本の発行
   エ 戸籍電子証明書の発行
   オ 届書等情報の連携
第2 無戸籍の解消について
 1 無戸籍者問題について
  (1) 現 状
  (2) 対 策
   ア 対策の3本柱
   イ 更なる取組─法制審議会民法(親子法制)部会における審議
 2 無戸籍解消実例
  (1) 実例の紹介に向けた取組
  (2) 法務省ホームページ掲載の一事例
 3 今後の課題
第3 読み仮名の法制化等について
 1 具体的な論点と対応の方向性
  (1) 現行制度の概要と法制化に向けた動き
  (2) 法制化への課題
 2 傍訓・ふりがな・よみかたの経緯
  (1) 先例等
  (2) 戸籍制度に関する研究会での議論
 3 今後の方針
第4 戸籍の届書の署名・押印について
 1 法令の変遷
 2 不正な届出に対する懸念と措置
 3 オンラインによる戸籍の届出について
  (1) 法律上の規定
  (2) 不動産登記・商業登記との比較
  (3) エストニアの例
 4 検討に当たっての方針
レジュメ

【第2部 巻末資料】
資料1 戸籍法の一部を改正する法律について
資料2 無戸籍者問題の解消について
資料3 無戸籍解消実例
資料4 読み仮名の法制化等の検討
資料5 傍訓・ふりがな・よみかたの経緯
資料6 戸籍の届書の署名・押印について
資料7 オンラインによる戸籍の届出について
参考1 
出生証明書の様式等を定める省令の一部を改正する省令(令和2年12月25日法務省・厚生労働省令第8号)
参考2 
国民や事業者等に署名押印を求めている戸籍事務について(令和2年12月23日付け法務省民一第2103号民事局長通達)
参考3 
デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案新旧対照条文(抄)
 ○ 戸籍法(昭和22年法律第224号)(抄)(第7条関係)
 ○ 戸籍法(昭和22年法律第224号)(抄)(附則第18条関係)
 ○ 
戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号)(抄)(附則第61条関係)
参考4-1 民法(親子法制)等の改正に関する中間試案(抜粋)
参考4-2 
民法(親子法制)等の改正に関する中間試案の補足説明(抜粋)

PAGE TOP