TOP > 新着情報一覧> 「家庭の法と裁判」年間発行回数の変更と定期購読特別価格のご案内

新着情報

「家庭の法と裁判」年間発行回数の変更と定期購読特別価格のご案内


謹啓

 時下、各位におかれましては益々ご清祥の段お慶び申し上げます。
 平素は弊社出版物をご愛読賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、弊社では、平成27年4月から家事・少年事件の最新の裁判例・審判例を紹介し、家庭をめぐる法制度や手続の情報をお届けする季刊誌、「家庭の法と裁判」(家庭の法と裁判研究会編)を刊行させていただいており、弁護士、裁判所を中心とするさまざまな関係専門家等の方より多数のご購読を賜っております。

 しかし、家事・少年事件を中心とする家庭をめぐる裁判例や法制度をめぐっては、近時多くの重要な裁判例・審判例が出され、法制度をめぐる議論の状況もたいへん活発なものがあります。

そこで、弊社では、裁判例等の有用な情報を少しでも早く、なるべく多くご愛読の皆様のお手元にお届けするため、平成30年4月刊行の13号より「家庭の法と裁判」を隔月刊行とし、年6回(偶数月)の発刊にさせていただくことといたしました。

 年6回の発行にともない、弊社では、より充実した誌面づくりに取り組み、時宜に適った有用な情報をお届けすべく専心して参る所存でございます。

 なお、発行回数変更に当たっては、1号あたりの定価には変更はございませんが、お得な定期ご購読価格を新設いたしました。詳細を下記に記させていただきますので、ご参照を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。
                                                敬白
                        記
「家庭の法と裁判」定期購読について
【現在】
定期購読価格    1号1,944円(税込)×年4回の年間合計7,776円(税込)、送料無料

【平成30年4月以降】
定期購読特別価格  1号1,750円(税込)×年6回の年間合計10,500円(税込)、送料無料 
    (※現在、定期購読をいただいている皆様は、自動的に特別価格へと変更させていただきます。)

※定期購読特別価格の対象は、弊社への直接のご注文または富士山マガジンサービスからのお申込に限ります。
※単号ご購入の価格は、従来通り定価1,944円(税込)となります。
※請求書は、4月27日にご送付いたしますので、速やかにお支払いくださいます様、よろしくお願いいたします。お支払いについては、郵便局、コンビニ支払いとなります。
※ご購読数、ご送付先等を変更される場合は、3月15日(木)までに、下記お問合せ先までご連絡ください。
                                               以上
(お問合せ) 営業部 営業サービス課 TEL:03−3953−5642(直通)

新着情報一覧に戻る