TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 家族法・家事事件一般 > 新・成年後見における死後の事務

商品詳細

新・成年後見における死後の事務 円滑化法施行後の実務の対応と課題

新・成年後見における死後の事務 円滑化法施行後の実務の対応と課題
著者:
松川正毅/編 
判型:
A5判
ページ数:
320頁
発刊年月:
2019年3月
定価:
3,456円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4541-2
商品コード:
40419
略号:
死後事務
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

日本司法書士会連合会会長 今川嘉典氏 推薦
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート理事長 矢頭範之氏 推薦


円滑化法施行後、明らかになってきた実務の対応・動向を解説
「改正のポイント」から実務の影響が一目でわかる!

●「成年後見の事務の円滑化を図るための民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」 (円滑化法)の内容を反映した待望の書。
●円滑化法や逐条解説等によっても判断・対応に悩む「遺体の引取りと火葬・埋葬」「葬儀と葬儀費用」「預貯金の払戻し」などについて実務における対応や考え方などを解説。
●「改正のポイント」→「事例」→「Q&Aと解説」の流れで、それぞれの事例に対する問題点と対応策がわかる。
●死後事務に関する改正法(民法873条の2)の解説・解釈や問題点のほか相続法上の位置づけ等を解説する論稿も収録。

関連する好評図書はこちらです。