TOP > 単行本書籍 > 民事法・民事事件 > 民事訴訟・民事法務一般 > 第2版 実務裁判例 交通事故における過失割合

商品詳細

第2版 実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題

第2版 実務裁判例 交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題
著者:
伊藤秀城/著 
判型:
B5判
ページ数:
412頁
発刊年月:
2019年5月
定価:
4,860円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4557-3
商品コード:
40542
略号:
自動車
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

損害賠償請求権の消滅時効、代車料、休車損、
評価損(格落ち)を含む、近時の260裁判例を厳選!
44裁判例増!待望の改訂版!

● 交通事故に基づく損害賠償請求権に関する消滅時効の援用を始めとして、実務でよく主張される代車料  や休車損、評価損(格落ち) の裁判例を収録。
● 高速道路事案における裁判例(車線変更や多重衝突、料金所付近における事故等) も整理。
● 第2版では、高速道路(追突) や路外における交通事故など、初版発刊(2014年2月)以降の裁判例を多数追加。

【示談・調停・訴訟必携!】
評価損(格落ち)や、代車料、休車損の可否、過失割合についての手がかりとなる!

関連する好評図書はこちらです。