TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 成年後見 > 超高齢社会の家族法と法律実務 無縁 後見 遺言 遺留分

商品詳細

超高齢社会の家族法と法律実務 無縁 後見 遺言 遺留分

超高齢社会の家族法と法律実務 無縁 後見 遺言 遺留分
著者:
床谷文雄/監修 大阪司法書士会家族法研究会/著 
判型:
A5判
ページ数:
420頁
発刊年月:
2018年3月
定価:
4,320円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4460-6
商品コード:
40710
略号:
超高家
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

推薦
日本司法書士会連合会
(公社)成年後見センター・リーガルサポート

成年後見人必携!

●無縁社会における成年養子という選択、任意後見契約、任意代理契約、死後事務委任契約について、判例や契約書例を交えて解説。また、高齢者同士のパートナー契約のモデル案も提示。
●超高齢社会における親族後見人の課題と、専門職後見人による支援の取組等を紹介。
●高齢者の遺言能力の存否や内容の適切さ、遺言作成・執行に際しての専門職の支援について判例を交えて紹介。また、清算型包括遺贈の問題点、遺言執行者の高齢化に伴う対処方法についても触れる。
●資産が高額な高齢者の相続に絡む、遺留分紛争を予防するための手段として、遺言その他の方法の活用を検討。