TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 遺言・相続 > 相続法改正のポイントと実務への影響

商品詳細

相続法改正のポイントと実務への影響

相続法改正のポイントと実務への影響
著者:
山川一陽・松嶋隆弘/編著 
判型:
A5判
ページ数:
440頁
発刊年月:
2018年5月
定価:
4,644円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4476-7
商品コード:
40716
略号:
相改
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

【相続法改正】×【法務、税務、金融、保険、ジェンダー、など】
各界のエキスパートが実務への影響を読み解く!
2018年3月13日民法<相続関係>法案に対応!

●個別の論点ごとに、「どこがどう変わったのか」、「どのような影響を受けるのか」、図表や具体例を用いて解説。
改正の背景や経緯、具体的事例を掲げた丁寧な解説で、実務への影響がよくわかる。
●類書にはない「改正が影響を及ぼすであろう重要論点」を取り上げ、各分野の専門家による、諸事情を想定した緻密な検討による解説を収録。
●巻末資料として、相続法改正法律案等を収録。

関連する好評図書はこちらです。