TOP > 単行本書籍 > 民事法・民事事件 > 不動産法 > 論点解説 民法(債権法)改正と不動産取引の実務

商品詳細

論点解説 民法(債権法)改正と不動産取引の実務

論点解説 民法(債権法)改正と不動産取引の実務
著者:
鎌野邦樹/編集代表 
判型:
A5判
ページ数:
444頁
発刊年月:
2018年5月
定価:
4,644円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4477-4
商品コード:
40717
略号:
民改不
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

2020年4月1日改正民法施行!
不動産に関わる全ての実務家の必読書

●現行法と改正法の相違点、従来の判例との関係、改正後の実務への影響の有無の言及等あらゆる視点から解説した、類のない一冊。
●各論点に関して、不動産取引の具体的な事例を多数設定しているので、改正前後の取引への影響が理解しやすい。

関連する好評図書はこちらです。