TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 不動産登記 > マンションにおける共同利益背反行為への対応

商品詳細

マンションにおける共同利益背反行為への対応 区分所有法57条・58条・59条・60条の実務

マンションにおける共同利益背反行為への対応 区分所有法57条・58条・59条・60条の実務
著者:
関口康晴・町田裕紀・小川敦司・田村裕樹・川口洸太朗/著 
判型:
A5判
ページ数:
272頁
発刊年月:
2018年10月
定価:
2,700円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4514-6
商品コード:
40735
略号:
マン共
買い物かごに入れる
お気に入りに追加
予約受付中

商品情報

【ご注意ください】
こちらの商品は予約商品です。
商品発送は発売開始(10月下旬)以降となります。
あらかじめご了承ください。


・違法駐車は?
・住居での営業行為は?
・民泊は?
・ゴミ屋敷、ゴミの放置は?
・野鳥や猫への 餌付けは?
・店舗での深夜営業は?
・派手な看板の設置は?
・騒音、振動は?
→行為差止め? 使用禁止? 強制競売?

●マンション内の紛争解決の実務に精通する弁護士が、区分所有法57条〜60条(義務違反者に対する措置) に絞って、その法律実務を徹底的に掘り下げた実務書。
●具体的事例を基にしたQ&Aで、様々なトラブルごとにその行為が ?共同利益背反行為に該当するかどうか ?該当するとして57条〜60条のどれで対応するかを、豊富な裁判例を踏まえて詳細に解説。
●マンション管理に携わる弁護士等の専門家だけでなく、日ごろから管理の最前線に立つマンション管理組合の役員や、マンション管理担当者にも役立つ一冊。

関連する好評図書はこちらです。