TOP > 単行本書籍 > 行政手続 > 不動産登記 > 渉外不動産登記の法律と実務2

商品詳細

渉外不動産登記の法律と実務2 相続、売買、準拠法に関する実例解説

渉外不動産登記の法律と実務2 相続、売買、準拠法に関する実例解説
著者:
山北英仁/著 
判型:
A5判
ページ数:
432頁
発刊年月:
2018年11月
定価:
4,212円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4525-2
商品コード:
40746
略号:
渉不2
買い物かごに入れる
お気に入りに追加
予約受付中

商品情報

【ご注意ください】
こちらの商品は予約商品です。
商品発送は発売開始(11月下旬)以降となります。
あらかじめご了承ください。



実務の流れ、留意点がイメージできる!
国別、州別に事例で解説した、実践的かつ貴重な一冊

ハワイでの自己信託・他益信託、成年後見人が売主の不動産移転登記、
未成年の相続、失踪宣告等、相続、不動産処分に関する事例を収録!

●渉外事案の難しさとされる、 「当事者の国籍により適用されるべき外国法の調査」 「当事者の身分、 権利関係の証明」などを解説。
●この一冊で 「具体的な対処法」 「実務の要点や考え方」 が把握できる。
●アメリカ (カリフォルニア、ハワイ、フロリダ等8州) のほか、パキスタン、 マレーシア、ラオスについて解説。

総論並びに韓国、中国、台湾、タイ、ベトナム等について解説した第1巻も好評発売中!

関連する好評図書はこちらです。