TOP > 単行本書籍 > 家族法・家事事件 > 家族法・家事事件一般 > 高齢社会における相続法の課題

商品詳細

高齢社会における相続法の課題

高齢社会における相続法の課題
著者:
新・アジア家族法三国会議/編 
判型:
A5判
ページ数:
168頁
発刊年月:
2019年7月
定価:
3,240円 (税込)
ISBN/ISSN:
978-4-8178-4577-1
商品コード:
40778
略号:
三国18
買い物かごに入れる
お気に入りに追加

商品情報

パンフレットPDF

日本、韓国、台湾の研究者・実務家による報告と比較検討により、
制度の理論、実務及び法改正に対する貢献を望む

●「新・アジア家族法三国会議」とは
日本・韓国・台湾の三国間で、家族法における重要なテーマを選定し、各国の学会・実務界から最前線の研究・実務を手がける報告者に個別報告をいただき、議論を行う国際会議。

●第8回のテーマ「高齢社会における相続法の課題」
加速化する超高齢社会において、「解決しなければならない法的課題は何か?」 「具体的な解決策を模索するためにはどのようなアプローチが必要か?」 等、三国の報告と質疑応答を通じて、関係者が共有すべき論点を導き出す。