滅失戸籍再製の実務

戸籍の再製一般から震災による行方不明者の死亡手続まで
本体 ¥ 1,800
¥ 1,980 税込

著者:木村三男・竹澤雅二郎/著
判型:A5判
ページ数:152頁
発刊年月:2012年5月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3985-5
商品コード:40463
略号:滅失再製

入荷待ち

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報

この一冊に必要な知識を網羅。

●過去の実例や先人から得られた貴重な資料等を参考としつつ、現在の戸籍実務における再製の取扱いをまとめた一冊です。
●災害等により戸籍簿等が大量滅失した場合の再製から申出による戸籍簿の再製まで、実務を網羅しています。
●「災害による死亡者、行方不明者の死亡届」の取扱いについて必要となる知識を収録しています。
●資料として参考先例要旨を収録しています。

目次

第1 戸籍の再製
1 戸籍簿等の再製・補完とは
(1) 紙戸籍の場合
(2) 磁気ディスクをもって調製された戸籍等の場合
 ア 戸籍簿等
 イ 戸籍簿等の保存
 ウ 戸籍簿等の滅失
2 戸籍再製の変遷と経緯
(1) 明治5年式戸籍
(2) 明治19年式戸籍
(3) 明治31年式戸籍
(4) 大正4年式戸籍
(5) 現行法上の戸籍再製
 ア 用紙が粗悪なため滅失のおそれがある戸籍の再製
 イ 滅失のおそれある戸籍(除籍・改製原戸籍)の電子複写機等による再製の認容
 ウ 後見又は保佐の登記の通知による戸籍の再製
 エ 申出による再製
 オ 嫡出でない子の戸籍における父母との続柄欄の記載更正後における再製

第2 戸籍の再製手続
1 滅失した戸籍の再製
(1) 戸籍滅失の発見
(2) 戸籍の滅失報告
 ア 滅失報告
 イ 報告事項
(3) 管轄法務局における再製・補完方法の決定
(4) 法務大臣に対する具申
(5) 官報告示と再製訓令の受理
(6) 市町村長に対する再製の指示
(7) 再製資料
 ア 戸籍副本
 イ 戸籍届書類
 ウ 戸籍受附帳
 エ 戸籍見出帳・見出票
 オ 戸籍謄・抄本
 カ 記載事項証明書
 キ 戸籍再製の申出書
 ク 仮戸籍
(8) 戸籍再製作業
 ア〔本籍欄〕
 イ〔戸籍事項欄〕
 ウ〔身分事項欄〕
(9) 再製完了報告
(10) 再製戸籍副本の作成と送付
 ア 副本の作成
 イ 戸籍副本の文末認印と契印
 ウ 送付目録の作成
 エ 副本の送付
 オ 管轄法務局における副本の保存
 (ア) 戸籍の副本
 (イ) 除籍の副本
 (ウ) 保存期間
 (エ) 磁気ディスクにより作成された副本
2 滅失のおそれある戸籍の再製
(1) 再製の対象
(2) 報告と具申
(3) 再製指示(専決処分)
(4) 再製・補完の方法
(5) 再製の完了報告
(6) 再製原戸籍の保存期間
3 後見又は保佐の登記の通知による戸籍の再製
(1) 成年後見登記制度の創設
(2) 後見及び保佐に関する事項の移記等
(3) 経過措置
(4) 再製手続
4 申出による戸籍の再製
(1) 「申出による戸籍再製制度」の創設とその後の経緯
(2) 申出再製の要件
(3) 再製の対象となる戸籍の範囲
(4) 再製の手続・方法及び完了報告
(5)  管轄法務局における調査
(6) 再製原戸籍の保存期間
(7) 申出再製ができない場合
5 嫡出でない子の父母との続柄欄の記載更正後における戸籍の再製
(1) 嫡出でない子の戸籍における父母との続柄
(2) 既に戸籍に記載されている嫡出でない子の父母との続柄の取扱い
 ア 事件本人が15歳未満の場合
 イ 事件本人が15歳以上の場合
(3) 申出による戸籍の再製
 ア 再製する戸籍
 イ 申出により父母との続柄欄の記載が更正された戸籍

第3 災害により大量滅失した戸籍の再製
1 戸籍簿等の大量滅失の事例
2 東京大空襲と戸籍簿等の滅失
(1) 戸籍簿等の滅失状況
(2) 戸籍滅失の報告
(3) 仮戸籍制度
(4) 仮戸籍の調製
(5) 戸籍再製の資料
 ア 副 本
 イ 戸籍届書類
 ウ 戸籍見出帳
 エ 受附帳
(6) 関係者からの「戸籍記載事項」の申告書
3 東日本大震災による滅失戸籍の再製

第4 戸籍再製の前・後における訂正処理
1 再製一般
2 戸籍事項欄
3 父母欄
4 身分事項欄

第5 災害による死亡者・行方不明者の死亡届等
1 死亡の事実を証すべき書面
2 死亡報告
(1) 水難,火災その他の事変による死亡報告
(2) 死亡報告をすべき官公署と報告先
 ア 事変による死亡報告をすべき官公署
 イ 死亡報告先
(3) 報告書に記載すべき事項
 ア 記載すべき事項
 イ 所定事項の記載を欠く報告書
(4) 「認定死亡」とは
 ア 認定死亡
 イ 死亡認定の要件
3 これまでの大震災・戦災等による罹災死亡者の死亡の届出とその取扱い
(1) 関東大震災における取扱い
(2) 戦災における取扱い
(3) 阪神大震災における取扱い
(4) 東日本大震災における取扱い
4 死亡報告による戸籍記載後の訂正等処理例
(1) 死亡報告による戸籍記載後に,その取消し又は訂正の通知があった場合
(2) 死亡報告をすべき場合に,届出義務者から死亡届があった場合
(3) 死亡報告による戸籍記載後に,失踪宣告の届出があった場合

第6 資 料(解説中で引用した関係先例要旨)
I 大正3年戸籍法
II 現行戸籍法


事項索引
著者略歴

PAGE TOP