改正相続法における登記実務と遺言書保管手続Q&A

配偶者居住権・自筆証書遺言
本体 ¥ 3,500
¥ 3,850 税込

著者:後藤浩平/著
判型:A5判
ページ数:340頁
発刊年月:2021年4月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4726-3
商品コード:40870
略号:改登遺

商品情報

申請の仕方、受理の方法がこの1冊でわかる!
知識・手続を確認できる申請書記載例も多数収録

●配偶者居住権・遺言書保管手続など、改正相続法下での登記実務・自筆証書遺言の保管手続実務などを87問のQ&Aで分かりやすく解説。

【設問抜粋】
Q 第三者に居住建物の使用又は収益をさせることに基づく登記
配偶者居住権者が第三者に居住建物の使用又は収益をさせる場合には,どのような登記をすることになりますか。
Q 遺言書情報証明書交付時の通知
遺言書情報証明書が交付されたときは,受遺者及び遺言執行者等に何らかの連絡がされるのですか。

遺言書保管法・政令・省令・準則の対照表を収録!

目次

第1編 相続法改正後の不動産登記手続
 第1章 配偶者居住権の概要と登記手続
 第2章 配偶者短期居住権
 第3章 遺産分割に関する改正の概要と登記手続
 第4章 遺言制度に関する改正の概要
 第5章 遺留分制度に関する改正の概要と登記手続
 第6章 相続の効力等に関する改正の概要と登記手続
 第7章 特別の寄与に関する改正の概要と登記手続
第2編 遺言書保管法による申請・保管手続
 第1章 遺言書保管法の概要
 第2章 遺言書の保管の申請手続等
 第3章 遺言書保管所における遺言書の保管手続等
 第4章 遺言書情報証明書の交付等
 第5章 遺言書保管事実証明書の交付等
 第6章 手数料
 第7章 遺言書保管所に備える帳簿
 第8章 関係法令の適用除外及び審査請求

PAGE TOP