第2版 絵で見る基準点測量

本体 ¥ 3,900
¥ 4,290 税込

著者:中堀義郎・國見利夫/著
判型:A5判変形
ページ数:168頁
発刊年月:2011年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3920-6
商品コード:40356
略号:点測

商品情報

●実務の概要を学ぶのに最適な入門書。
●見やすい2色刷と豊富なイラストや図解で、全体像をやさしく理解できる内容構成。
●第2版では基準点成果の維持管理について、「災害時における基準点の移動等」など震災対応に関する内容を追加。

目次

基礎編
1 生活の中の基準点
2 どんな基準点が使用されるのでしょう
3 基準点の位置はどのように表されるのでしょう
4 平面的な位置の表し方
5 高さの表し方
6 位置を決めるための測量方式
7 基準点の体系
8 基準点測量に使われる測量機器

計画編
1 基準点測量の流れ
2 測量計画を立てる
3 作業計画を立てる
4 計画書を作る
5 既知点の使用承認の手続き
6 公共測量の手続き

現地調査編-TS等
1 既知点の状況を調べる
2 土地立入りの手続き
3 新点の設置場所を選ぶ
4 基準点標識を埋設する
5 見通しの障害となる樹木を伐採する
6 観測の準備をする
7 測量機器を点検する
8 水平角を観測する
9 水平角の観測値を点検する
10 高低角を観測する
11 高低角の観測地を点検する
12 距離を測定する
13 偏心して観測する
14 観測値を記録する

現地調査編-GNSS
1 選点する
2 観測の準備をする
3 観測する

計算整理編-TS等
1 計算の手順
2 観測記簿を作る
3 新点の近似標高の計算
4 距離測定値の補正計算
5 偏心補正計算
6 新点の近似座標の計算
7 平均計算
8 精度管理表の作成
9 成果表,点の記を作る

計算整理編-GNSS
1 計算の手順
2 GNSS観測の計算整理
3 三次元網平均計算と標高計算

計算整理編-世界測地系への移行
1 座標変換とは
2 国土地理院のプログラムを利用する方法
3 旧観測地を用いて再計算する方法
4 基準点を再測量する方法
5 地域ごとの変換パラメータによる方法

維持管理編
1 基準点標識の保全
2 基準点の所在を知らせる
3 パトロールを行う
4 保護施設を設置する
5 基準点が破損したときの補修
6 基準点を移転する
7 基準点の管理
8 大地震と基準点の成果管理

PAGE TOP