法曹継続教育の国際比較

ジェンダーから問う司法
本体 ¥ 3,200
¥ 3,520 税込

著者:南野佳代/編著
判型:A5判
ページ数:288頁
発刊年月:2012年1月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3973-2
商品コード:40453
略号:法曹継続

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報

法曹におけるジェンダー公平の重要性を説く。
●ジェンダー公平の観点から、法曹継続教育についての調査研究をまとめた論文集です。
●欧米からアジア諸国まで(アメリカ・カナダ・オーストラリア・ドイツ・フランス・フィリピン・カンボジア・韓国・日本)の各国の法曹継続教育についての研究調査報告を収録しています。
●各国の法曹における女性比率やジェンダー法曹教育についての統計資料も豊富に収録しています。

【執筆者紹介】
南野 佳代(京都女子大学法学部教授)
岡野 八代(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授)
柿本 佳美(京都女子大学文学部非常勤講師)
久保山力也(青山学院大学法務研究科助手)
坂野 一生(神戸大学大学院国際協力研究科博士後期課程)
澤  敬子(京都女子大学現代社会学部准教授)
髙井 裕之(大阪大学大学院法学研究科教授)
手嶋 昭子(京都女子大学法学部准教授)
内藤 葉子(関西大学政策創造学部及び京都女子大学現代社会学部非常勤講師)
藤本  亮(静岡大学大学院法務研究科教授)
三輪 敦子((財)世界人権問題研究センター専任研究員)
渡辺 千原(立命館大学法学部教授)
ウルリケ・シュルツ(ハーゲン通信大学法学部大学上級職員)

目次

第1章 法曹継続教育とジェンダー
第1 法曹継続教育とジェンダーバイアス (南野佳代)
第2 「プロセスとしての法曹養成」の中での法曹継続教育(藤本亮)

第2章 各国の法曹継続教育
第1 アメリカ合衆国における法曹継続教育とジェンダー(手嶋昭子)
第2 カナダにおける法曹継続教育とジェンダー(高井裕之)
第3 オーストラリアにおけるジェンダーに関する法曹継続教育 (南野佳代)
第4 ドイツにおける法曹継続教育とジェンダー(ウルリケ・シュルツ/翻訳:内藤葉子)
第5 フランスにおける法曹継続教育とジェンダー
 1 裁判官・検察官 (澤敬子)
 2 弁護士 (柿本桂美)
第6 フィリピンの司法におけるジェンダー視点の導入と法曹継続教育 (三輪敦子)
第7 カンボジアにおける法曹継続教育とジェンダー(坂野一生)
第8 韓国における法曹継続教育とジェンダー
 1 韓国法曹文化の壁―継続教育と女性法曹教育の視点から (久保山力也)
 2 韓国の法曹継続教育の一側面―インタビュー調査から (岡野八代)
第9 日本の法曹継続教育におけるジェンダー (渡辺千原)

第3章 ジェンダー公平と法曹継続教育 (南野佳代)

PAGE TOP