法を考えるヒントI

キーワードから現代の法を読む
本体 ¥ 3,300
¥ 3,630 税込

著者:川﨑政司/著
判型:A5判
ページ数:392頁
発刊年月:2016年6月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4300-5
商品番号:40622
略号:法考1

入荷待ち

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報



法の意味、正しく理解していますか?
基礎概念(キーワード)から現代の法を学び直す。
市民、学生、法律家、法的な思考・感覚を必要とするすべての人々へ

著者略歴
川﨑 政司(カワサキ マサジ)
慶應義塾大学大学院法務研究科客員教授。
主な著書に「法律学の基礎技法」(法学書院、第2版、2013)などがある。

目次

1「法」―揺らぐ「法律」と拡散する「法」―
2「権利」―権利をめぐる攻防―
3「義務」―膨張・拡散・迷走する義務―
4「責任」―厳格化とあいまい化―
5「人」―その物語性と揺らぎ―
6「法人・団体」―増す存在感・影響力と個人との距離―
7「家族」―多様化と家族制度の行方―
8「物」―「物」から「もの」へ―
9「情報」―開示と保護との揺れ動き―
10「時間」―法をめぐる過去・現在・未来―
11「正義」―正義論ブームとその用い方・論じ方―
12「平等」―多様性と差別・格差―
13「法意識」―国民の意識・感情と法の役割―
14「契約」―自律と他律をめぐる揺れ動き―
15「生活」―暮らしと安心―
16「事実」―法と事実のはざま―

PAGE TOP