講座 ジェンダーと法 第2巻 固定された性役割からの解放

本体 ¥ 3,800
¥ 4,180 税込

著者:ジェンダー法学会/編 榊原富士子・浅倉むつ子・林弘子・二宮周平/編集委員
判型:A5判上製
ページ数:280頁
発刊年月:2012年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4036-3
商品コード:40484
略号:講ジェ2

商品情報

【ジェンダー法学会創立10周年記念出版】


『ジェンダー法学』の体系的知識を習得し、実務上の課題を追究するために編まれた4巻組講座。
各テーマ毎の論点につき、その問題点と今後の課題等につき深く学ぶ。


●ジェンダー法学に造詣の深い、選りすぐられた研究者・実務家による執筆。
●「労働」「家族」「福祉・税・政治改革」における課題を追及し、性差のない社会を展望。


【執筆者一覧】
浅倉むつ子( 早稲田大学大学院法務研究科教授)
林弘子( 福岡大学法学部教授, 弁護士)
中野麻美( 弁護士)
大脇雅子( 弁護士)
斎藤周( 群馬大学教育学部教授)
マーサ・A・ファインマン( エモリー大学ロースクール教授)
犬伏由子( 慶應義塾大学法学部教授)
吉岡睦子( 弁護士)
二宮周平( 立命館大学法学部教授)
榊原富士子( 早稲田大学大学院法務研究科教授, 弁護士)
大谷美紀子( 弁護士)
床谷文雄( 大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)
満田康子( 元調停委員)
神尾真知子( 日本大学法学部教授)
本澤巳代子( 筑波大学人文社会系教授)
下夷美幸( 東北大学大学院文学研究科准教授)
若尾典子( 佛教大学社会福祉学部教授)
遠藤みち( 税理士)
道あゆみ( 弁護士)

<シリーズ>
第1 巻 ジェンダー法学のインパクト
第2 巻 固定された性役割からの解放(本書)
第3 巻 暴力からの解放
第4 巻 ジェンダー法学が切り拓く展望

目次

第1部 労働̶人間らしい働き方を求めて
 第1 章 日本的雇用慣行と性差別禁止法理( 浅倉むつ子)
 第2 章 男女同一賃金とジェンダー( 林 弘子)
 第3 章 非正規雇用と女性の貧困( 中野 麻美)
 コラム  立法の現場に立って( 大脇雅子)
 第4 章 労働契約と家族生活 ~配転法理を中心に( 斎藤周)
 第5 章 ジェンダーとケア ~アメリカの教訓 ( マーサ・A・ファインマン)
第2部 家族̶多様なつながりの中で
 第6 章 家族法における婚姻の位置 ~婚姻家族をめぐる議論の行方( 犬伏由子)
 コラム  選択的夫婦別氏制度について ( 吉岡睦子)
 第7 章 親子関係とジェンダー( 二宮周平)
 第8 章 親権・監護権の決定と性役割( 榊原富士子)
 コラム  共同親権とジェンダー ( 大谷美紀子)
 第9 章 相続とジェンダー( 床谷文雄)
 コラム  ジェンダー視点からみた調停委員( 満田康子)
第3部 福祉・税・政治改革̶新しい政策の創造
 第10章 介護の法政策とジェンダー( 神尾真知子)
 コラム  年金・社会保障と男性差別 ( 本澤巳代子)
 第11章 母子世帯と養育費( 下夷美幸)
 第12章 「少女支援」を考える ~人権保障としての「社会福祉」( 若尾典子)
 第13章 税法とジェンダー( 遠藤みち)
 第14章 「日本における政治参加」をジェンダーの視点で考える( 道あゆみ)

PAGE TOP