講座 ジェンダーと法 第3巻 暴力からの解放

本体 ¥ 3,800
¥ 4,180 税込

著者:ジェンダー法学会/編 戒能民江・棚村政行・後藤弘子・角田由紀子/編集委員
判型:A5判上製
ページ数:252頁
発刊年月:2012年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4037-0
商品コード:40485
略号:講ジェ3

商品情報

【ジェンダー法学会創立10周年記念出版】


『ジェンダー法学』の体系的知識を習得し、実務上の課題を追究するために編まれた4巻組講座。
各テーマ毎の論点につき、その問題点と今後の課題等につき深く学ぶ。


●ジェンダー法学に造詣の深い、選りすぐられた研究者・実務家による執筆。
●「女性に対する暴力」を中心に、現代社会に生起するさまざまな暴力への法的対応の現状と課題について、多角的に検討。


【執筆者一覧】
戒能民江( お茶の水女子大学名誉教授)
長谷川京子( 弁護士)
棚村政行( 早稲田大学法学学術院教授)
武田万里子( 津田塾大学国際関係学科教授)
近藤恵子( 特定非営利活動法人全国女性シェルターネット共同代表)
後藤弘子( 千葉大学大学院専門法務研究科教授)
番敦子( 弁護士)
平山真理( 白鴎大学法学部准教授)
沼崎一郎( 東北大学大学院文学研究科教授)
米田眞澄( 神戸女学院大学文学部総合文化学科准教授)
清末愛砂( 室蘭工業大学大学院工学研究科准教授)
吉田容子( 弁護士)
矢野恵美( 琉球大学大学院法務研究科准教授)
谷田川知恵( 東京経済大学現代法学部ほか非常勤講師)
森田成也( 駒澤大学経済学部非常勤講師)
角田由紀子( 弁護士)
立石直子( 岐阜大学地域科学部准教授)


<シリーズ>
第1 巻 ジェンダー法学のインパクト
第2 巻 固定された性役割からの解放
第3 巻 暴力からの解放(本書)
第4 巻 ジェンダー法学が切り拓く展望

目次

第1部 法/政策の展開
 第1 章 DV 防止法( 戒能民江)
 第2 章 ストーカー行為規制法( 長谷川京子)
 第3 章 児童虐待防止法制( 棚村政行)
 第4 章 セクシュアル・ハラスメント法制( 武田万里子)
 コラム  被害者支援の現場からみた暴力と法( 近藤恵子)
第2部 刑事司法と暴力
 第5 章 女性と犯罪
      ~女性犯罪者はどのように扱われるべきか( 後藤弘子)
 第6 章 犯罪被害者支援( 番敦子)
 第7 章 ジェンダーと裁判員制度
      ~性犯罪裁判員裁判をめぐる課題( 平山真理)
 コラム  DV加害者の実像と求められる対策( 沼崎一郎)
第3部 グローバル社会と女性に対する暴力
 第8 章 国際法における暴力防止の展開( 米田眞澄)
 第9 章 21 世紀の「対テロ」戦争と女性に対する暴力( 清末愛砂)
 第10章 人身取引(Trafficking in Persons)
      ~防止の観点から( 吉田容子)
 コラム  北欧における「女性に対する暴力」への対策( 矢野恵美)
第4部 新たな展開へ̶法理の構築をめざして
 第11章 性暴力と刑法( 谷田川知恵)
 第12章 ポルノグラフィと性被害
      ~「表現の自由」論の再考に向けて( 森田成也)
 コラム  貧困の連鎖が生み出す女性の地位
      ~売買春の現場から( 角田由紀子)
 コラム  暴力防止教育の可能性
      ~デートDVを素材に( 立石直子)

PAGE TOP