新家事調停の技法

家族法改正論議と家事事件手続法制定を踏まえて
本体 ¥ 4,200
¥ 4,620 税込

著者:梶村太市/著
判型:A5判
ページ数:472頁
発刊年月:2012年8月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3993-0
商品コード:40467
略号:新家事

入荷待ち

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報

家事事件手続法施行で、家事調停はどう変わるのか?
家庭裁判所実務の権威が、
理論と実務の架橋となる一冊を書き下ろし。


●制度の概要と理念を、判例を交えて説明。
●理由となる根拠を明示。
 →判例と条文を多数引用。
 →実務上の便宜のため、引用条文には現行法と新法の条数を併記。
●様々なジャンルごとに調停の技法を解説。
●家事調停に関連する様々な分野について、著者の見解も掲載。
●反対説にも言及して公平を期し、文献を豊富に引用。

目次

序章  問題の所在と本書の構成
第一章 家族法の改正論議
第二章 家事事件手続法の制定
第三章 夫婦・内縁関係調停の技法
第四章 親子・親族間関係調停の技法
第五章 養親子間・養親子成立関係調停の技法
第六章 実親子成立関係調停の技法
第七章 相続関係調停の技法
第八章 遺言・遺留分関係調停の技法
終章  新家事調停の技法

PAGE TOP