子ども・親・男女の法律実務

DV、児童虐待、ハーグ、無戸籍、ストーカー、リベンジポルノ、女性・子どもの犯罪被害、ひとり親家庭などの法的支援
本体 ¥ 4,700
¥ 5,170 税込

著者:高取由弥子/編集代表
判型:A5判
ページ数:464頁
発刊年月:2019年12月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4603-7
商品コード:40789
略号:親子法

商品情報

実務家が悩む事案について、
最前線で実務を行う弁護士が、事例・書式とともに解説!

● 1男女・親子に関する問題、2無戸籍に関する問題、3子どもに関する問題の大きく3つのテーマに分け、様々な問題を、事例・書式を交えて解説。
● リベンジポルノ、ハーグ、無戸籍問題など、類書の少ないテーマも取り上げた貴重な書。
● 相談対応者に求められる解決型思考(既存の制度や法的手続にそのまま当てはまるか否かで処理するのではなく、それらを応用し新しい切り口で解決策を検討する思考)を身に付けるために必要な情報を網羅した、相談を受ける法律実務家、自治体の相談担当者にとっての必読書。

目次

第1編 男女・親子に関する問題
 第1章 養育費・面会交流 
  第1 養育費の算定方法
  第2 養育費の請求方法
  第3 養育費の履行確保
  第4 面会交流の請求手続・方法の変更手続
  第5 面会交流の履行確保
  第6 面会交流の実情
  第7 Q&A
 第2章 ドメスティック・バイオレンス(DV)
  第1 DVとは
  第2 DV防止法について
  第3 保護命令
  第4 支援機関等
  第5 DVと離婚
 第3章 ストーカー・リベンジポルノ
  第1 ストーカー
  第2 リベンジポルノ
  第3 ストーカー・リベンジポルノについての支援機関等
  第4 裁判例
  第5 Q&A
 第4章 国際的な子の返還及び面会交流ハーグ条約)
  第1 ハーグ条約、ハーグ実施法の概要
  第2 ハーグ条約に基づく子の返還申立て
  第3 ハーグ条約に基づく面会交流の確保
  第4 ハーグ実施法と扶助制度
 第5章 ひとり親家庭
  第1 はじめに
  第2 離婚後の手続
  第3 ひとり親家庭への支援制度

第2編 戸籍に関する問題-無戸籍
 第1章 無戸籍とは
 第2章 嫡出推定制度と「推定の及ばない子」の創設
 第3章 無戸籍が生じる原因
 第4章 進まない無戸籍の解消
 第5章 嫡出推定制度に関する民法改正の動向
 第6章 解決方法
 第7章 Q&A
 第8章 事例対応

第3編 子どもに関する問題
 第1章 子どもの犯罪被害
  第1 児童虐待
  第2 学校における体罰
  第3 いじめ
  第4 性暴力被害(児童ポルノ・児童買春)
 第2章 非行
  第1 少年事件手続の概要
  第2 観護措置
  第3 審判
  第4 検察官送致(逆送)

PAGE TOP