逐条ガイド親族法―民法725条~881条―

本体 ¥ 7,300
¥ 8,030 税込

著者:本山敦 編著
判型:A5 判上製
ページ数:480頁
発刊年月:2020 年2 月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4629-7
商品コード:40808
略号:逐親

商品情報

法律実務家・戸籍行政従事者にやさしい
「最初に手に取る逐条解説」

●「 ①判例・通説に即して簡潔・明瞭に条文を説明」、「②戸籍先例に目配りをする」という編集方針でまとめられた逐条解説。
→関連判例はもちろん戸籍先例も参照でき、実務に使いやすい!
● 条文にはない現代家族法の問題点(生殖補助医療や婚姻外カップルの法制など)についても項目を設けて解説。
● 改正民法について、改正前後の条文を併記し、改正経緯や変更点をわかりやすく解説。

【充実の執筆陣によるコンメンタール!】

【編著者】
 ■ 本山 敦(立命館大学法学部教授)    執筆担当:第1章総則/第5章後見/第6章保佐及び補助/第7章扶養
■ 梅澤 彩(熊本大学法学部准教授)    執筆担当:第3章親子第2節養子/生殖補助医療と親子
■ 遠藤隆幸(東北学院大学法学部教授)   執筆担当:第2章婚姻第4節離婚
■ 大島梨沙(新潟大学法学部准教授)    執筆担当:第2章婚姻第1節婚姻の成立
■ 佐々木健(専修大学法学部教授)     執筆担当:第4章親権
■ 羽生香織(上智大学法学部教授)     執筆担当:第3章親子第1節実子
■ 松久和彦(近畿大学法学部教授)     執筆担当:第2章婚姻第2節婚姻の効果/同第3節夫婦財産制
■ 宮本誠子(金沢大学法科大学院准教授) 執筆担当:婚約/内縁/現代の婚姻カップル

目次

第1章 総 則(第725 条~第730 条)
第2章 婚 姻
 第1節 婚姻の成立
  第1款 婚姻の要件(第731 条~第741 条)
  第2款 婚姻の無効及び取消し(第742 条~第749 条)
 第2節 婚姻の効力(第750 条~第754 条)
 第3節 夫婦財産制
  第1款 総 則(第755 条~第759 条)
  第2款 法定財産制(第760 条~第762 条)
 第4節 離婚
  第1款 協議上の離婚(第763 条~第769 条)
  第2款 裁判上の離婚(第770 条・第771 条)
 婚 約
 内 縁
 現代の婚姻外カップル
第3章 親 子
 第1節 実 子(第772 条~第791 条)
 第2節 養 子
  第1款 縁組の要件(第792 条~第801 条)
  第2款 縁組の無効及び取消し(第802 条~第808 条)
第3款 縁組の効力(第809 条・第810 条)
  第4款 離 縁(第811 条~第817 条)
  第5款 特別養子(第817 条の2~第817 条の11)
 生殖補助医療と親子
第4章 親 権
 第1節 総 則(第818 条・第819 条)
 第2節 親権の効力(第820 条~第833 条)
 第3節 親権の喪失(第834 条~第837 条)
第5章 後 見
 第1節 後見の開始(第838 条)
 第2節 後見の機関
  第1款 後見人(第839 条~第847 条)
  第2款 後見監督人(第848 条~第852 条)
 第3節 後見の事務(第853 条~第869 条)
 第4節 後見の終了(第870 条~第875 条)
第6章 保佐及び補助
 第1節 保 佐(第876 条~第876 条の5)
 第2節 補 助(第876 条の6~第876 条の10)
第7章 扶 養(第877 条~第881 条)

PAGE TOP