実例 弁護士が悩む不動産に関する法律相談

専門弁護士による実践的解決のノウハウ
本体 ¥ 4,200
¥ 4,620 税込

著者:第一東京弁護士会法律相談運営委員会/編著
判型:A5判
ページ数:488頁
発刊年月:2015年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4243-5
商品コード:40592
略号:弁不相

商品情報



不動産に関する弁護士実務の「実践的」手引書
「専門弁護士」は何を考え、どのように事件を解決するのか?
「難しい問題」に直面したときに、「採るべき方策」は何か?

実例をもとに、事件解決までの具体的な道筋を紐解き、
弁護士が直面しやすい「問題や疑問」に対する方策を提示

●「借地権」「底地権」の相場、「使用借権」の金銭的価値
●「賃借権か? 使用借権か?」の判断が問題となる事案
●「土地・建物の鑑定」「事故部屋の逸失利益」の実際
●「立退き交渉」「明渡し」「強制執行」の具体的実務
●「地盤沈下」が生じた場合の、調査方法と損害賠償請求
●「占有権移転禁止の仮処分」「断行の仮処分」の実務と判断
●「耐震性不足」「老朽化」による賃貸借解約の正当事由
●「マンション管理費滞納の回収」の具体的方策
●「境界紛争」「眺望権阻害」「騒音問題」の解決指針
●「遺産分割登記の更正登記」に関する訴訟事案
●「小規模宅地等の税務上の特例」に関する事例
●「地震によるマンションの損傷」と建設業者等への請求
●「原発事故」による不動産賠償を求めた事案
など



目次

第1章 不動産売買に関する事例
第2章 不動産賃貸借に関する事例
第3章 倒産処理に関する事例
第4章 不動産執行・保全処分に関する事例
第5章 マンションに関する事例
第6章 境界・近隣関係に関する事例
第7章 不動産登記に関する事例
第8章 不動産の相続・財産分与に関する事例
第9章 地震・原発事故に関する事例
第10章 その他の不動産に関する事例
座談会 不動産に関する弁護士実務
事項索引・判例索引

● 全30事例:各事例では「事件の概要図」とともに「本相談のポイント」を明示
● 巻末座談会:事例にて言及できなかった「特殊な問題」を中心に弁護士実務を議論
● 関連コラム:気軽に読めて、困ったときに役立つコラムを16本収録
※ 内容は変更になる場合があります。

PAGE TOP