論点解説 民法(債権法)改正と不動産取引の実務

本体 ¥ 4,300
¥ 4,730 税込

著者:鎌野邦樹/編集代表
判型:A5判
ページ数:444頁
発刊年月:2018年5月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4477-4
商品コード:40717
略号:民改不

商品情報

2020年4月1日改正民法施行!
不動産に関わる全ての実務家の必読書

●現行法と改正法の相違点、従来の判例との関係、改正後の実務への影響の有無の言及等あらゆる視点から解説した、類のない一冊。
●各論点に関して、不動産取引の具体的な事例を多数設定しているので、改正前後の取引への影響が理解しやすい。

目次

不動産に関する研究者・実務家20人の知見がこの一冊に!
第 1 部 総論
第1章 改正債権法のポイントと不動産取引(総説)
鎌野邦樹(早稲田大学大学院法務研究科教授)

第2章 債権法改正と不動産取引実務の留意点
小澤英明(小澤英明法律事務所 弁護士)

第3章 債権法改正と不動産登記
藤原勇喜(藤原民事法研究所代表)

第 2 部 各論
第1章 公序良俗,意思能力
鎌野邦樹(早稲田大学大学院法務研究科教授)

第2章 意思表示,無効・取消し
三枝健治(早稲田大学法学部教授)

第3章 代理
橋谷聡一(大阪経済大学経営学部ビジネス法学科准教授)

第4章 条件・期限,消滅時効
松本克美(立命館大学大学院法務研究科教授)

第5章 債権の目的,履行請求権,債務不履行による損害賠償
武川幸嗣(慶應義塾大学法学部教授)

第6章 契約の解除,危険負担,受領遅滞
笠井修(中央大学大学院法務研究科教授)

第7章 債権者代位権・詐害行為取消権
工藤裕巌(明治大学法務研究科教授)

第8章 多数当事者
鳥谷部茂(広島大学名誉教授)

第 9 章 債権譲渡,債務引受,契約上の地位の移転
白石大(早稲田大学大学院法務研究科教授)

第10章 弁済
西島良尚(流通経済大学教授 弁護士)

第11章 相殺,更改
大木満(明治学院大学法学部教授)

第12章 契約に関する基本原則,契約の成立,定型約款,第三者のためにする契約
山城一真(早稲田大学法学部准教授)

第13章 売買
大場浩之(早稲田大学法学部教授)

第14章 賃貸借
高橋寿一(専修大学法学部教授)

第15章 請負,委任
山口斉昭(早稲田大学法学部教授)

第16章 贈与,死因贈与と相続
佐藤久文(潮見坂綜合法律事務所 弁護士)

第17章 消費貸借,寄託等
青木則幸(早稲田大学法学部教授)

第18章 不法行為関連
山口斉昭(早稲田大学法学部教授)

第19章 物権に関する関連規定の改正
花房博文(創価大学法科大学院教授)

PAGE TOP