不動産鑑定と訴訟実務

本体 ¥ 6,200
¥ 6,820 税込

著者:中島俊輔/著
判型:A5判
ページ数:600頁
発刊年月:2021年5月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4723-2
商品コード:40863
略号:不鑑訴

商品情報

不動産鑑定が、民事裁判のいかなる場面で
どのように活用され、裁判所でいかに扱われているか?


●地代、賃料に係る不動産鑑定の理論を体系的に解説するとともに、豊富な裁判例と具体的な設例で訴訟において不動産鑑定が関わる場面を、訴訟類型別に分析。

導入部分で問題の性質をわかりやすく解説!
実際の事案から作成したイメージしやすい設例!
不動産鑑定が、裁判所によっていかに扱われているかについて詳細な分析を展開!


【著者略歴】
中島俊輔
弁護士・不動産鑑定士・税理士・東京地方裁判所鑑定委員

目次

第1章 民事紛争と不動産鑑定
第2章 不動産鑑定総論
I 概観/II 鑑定評価上の価格と賃料/III 対象不動産の確定・確認/IV 価格時点/V 価格及び賃料の種類
第3章 賃料鑑定総論
I 概観/II 賃料の種類の確定/III 賃貸借契約の解釈/IV 賃料特約/V 賃料に付帯するもの/VI 賃貸借の継続・終了時に要する費用
第4章 家賃鑑定
I 概観/II 契約の分析/III 新規家賃/IV 継続家賃
第5章 地代
I 概観/II 契約の分析/III 新規地代/IV 継続地代
第6章 価格鑑定総論
I 概観/II 正常価格の鑑定手法/III 価格概念の多様性
第7章 民事事件と価格鑑定
I 概観/II 価格の相当性をめぐる訴訟/III 共有・区分所有関係訴訟/IV 租税訴訟/V 土地・建物損害賠償関係訴訟/VI 競売関係訴訟
第8章 家事事件と価格鑑定
I 概観/II 遺産分割/III 配偶者居住権/IV 遺留分/V 財産分与

PAGE TOP