弁護士の仕事術I

法律相談マニュアル
本体 ¥ 1,700
¥ 1,870 税込

著者:藤井篤/著
判型:A5判
ページ数:184頁
発刊年月:2013年7月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4097-4
商品コード:40521
略号:弁仕1

商品情報

法律相談をするに当たって工夫すべき点や留意事項は?

【日本弁護士連合会 会長推薦】


●豊富な弁護士育成経験において、新任弁護士向けに書き溜めた冊子を基に、「法律相談とは何か?」「相談者は何を求めて法律相談に来るのか?」「法律相談の進め方は?」「法律相談をするに当たって工夫すべき点や留意事項は?」といった疑問について解説。
●事例を数多く取り上げたほか、理念的・抽象的な表現を補足するなど、読みやすさ、わかりやすさを工夫。


【シリーズの特徴】
●「ハウツーものには書かれていない弁護士としての基本的な技能」を弁護士育成実績に基づき解説。
●「当たり前だが教えてもらう機会が少ない事項」を網羅。
●「基礎知識」にとどまらず「陥りやすい具体的な落とし穴」までを懇切丁寧に説明。


【シリーズ一覧】
II:事件の受任と処理の基本 2013年7月刊
III:依頼者との契約と弁護士報酬 2013年9月刊
IV:交渉事件の進め方・和解 2013年10月刊
V:不動産事件処理の基本 2013年11月刊
VI:建築関係事件 処理の基本
VII:法律事務所運営のポイント 2014年1月刊

※上記は2014年1月現在の予定です。発刊時に変更になる場合がございます。


【著者紹介】
藤井篤 第二東京弁護士会所属

平成9年4月~平成11年3月 第二東京弁護士会事務局長
平成11年10月~平成13年7月 日本弁護士連合会司法改革担当嘱託
平成13年9月~平成15年3月 日本弁護士連合会司法改革調査室嘱託
平成14年4月~平成15年3月 第二東京弁護士会副会長
平成15年4月~平成17年6月 日本弁護士連合会事務次長
平成19年4月~平成20年3月 日本弁護士連合会常務理事
平成17年9月~ 第二東京弁護士会の都市型公設事務所「弁護士法人東京フロンティア基金法律事務所」の所長に就任
 最近は、公設事務所所長として法律相談、事件活動に精力的に取り組み、法律相談は8年間で2,500件に上る。毎月数回、新宿法律相談センターで建築専門相談を受けている。

目次

はじめに

第1 法律相談とは何か、相談者は何を求めて法律相談に来るのかを理解する
 1 法律相談とは
 2 法律問題を解決することを目的としていること
 3 弁護士の専門的な知見に基づく判断や問題解決への対応の在り方についてのアドバイスを受けるのが目的
 4 相談者の期待する内容、タイプによる対応の仕方

第2 法律相談の進め方
 1 相談者が相談しようとする内容の把握
 2 法律相談における事実関係の整理、法律問題の抽出
 3 相談者が相談をする目的に応じた対応(法律的な判断の開示や説明)
 4 事案の緊急性や手続に必要な期限などに応じた説明をする
 5 間違った法律的判断による説明をしない

第3 法律相談をするに当たっての工夫と留意事項
 1 相談者との信頼関係を築く工夫
 2 本人と本人以外の区別と対応
 3 事実関係を整理して理解するためのメモや図式の活用
 4 明快な説明、繰り返しの説明
 5 弁護士の(鑑定)意見書や弁護士名のメモの作成・交付
 6 事理をわきまえた即時の判断と対応
 7 相談記録の作成と保存
 8 継続相談、事件受任につなげる工夫

PAGE TOP