実務でいちばん大切にしたい 図解 民事訴訟の基本としくみ

本体 ¥ 2,600
¥ 2,860 税込

著者:酒井雅男/著
判型:A5判
ページ数:284頁
発刊年月:2011年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-3962-6
商品コード:40448
略号:民訴

入荷待ち

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報

●手続きの流れ、費用、関係者、書面作成、証拠収集、他手続との関連などのポイントが理解できます。
●相談者に民事訴訟の説明をする際にも活用できるほどの、読みやすい体裁となっています。
●ロースクールの授業に定評ある弁護士が、やさしく解説しています。
●条文から「よって書き」までを収録。売買契約・賃貸借契約終了・交通事故・労働審判をケーススタディとして、要件事実論をチャート式にまとめました。

<こんな使い方も!>
●「震災と法律問題」「雇用不安の問題」などの多彩なコラムは、相談者との話題作りにも適しています。

目次

--通常の流れから各種事件の対応まで--
1 日常生活でのトラブル
 1 契約書が存在しなくても契約はある
 2 トラブルは避けられない
 3 事件や事故に巻き込まれることもある
 4 紛争はいろいろな性格をもっている
2 トラブル解決のためのさまざまな方法
 1 和解と示談という方法
 2 和解と示談はどこが違う?
 3 苦情処理機関に相談する
 4 斡旋・調停・仲裁
 5 紛争を強制的に解決す

PAGE TOP