退職金をめぐる法律問題

本体 ¥ 2,400
¥ 2,640 税込

著者:水谷英夫/著
判型:A5判
ページ数:240頁
発刊年月:2014年3月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4150-6
商品コード:40544
略号:退職金

入荷待ち

この書籍はAmazonサイトにてPOD(プリント・オンデマンド版)でのご購入のみとなっております。

ご購入はこちら Amazon

商品情報

まず手に取るべき一冊!
制度の激変、紛争増加の状況における必携書

●この一冊で、退職金制度の仕組みと概要から制度再編・変更の現状と問題点までを把握できる。
●実際の相談対応を想定した39問のQ&Aを収録。多様な問題への解決方法を具体的に提示。
●理解を促す図表や参考判例を多数収録。


【著者紹介】
水谷 英夫
弁護士(仙台弁護士会所属)

主要著書
『予防・解決 職場のパワハラ セクハラ メンタルヘルス』(日本加除出版 2014年)
『ケーススタディ労働法身近な労働相談』(日本加除出版 2013年)
『感情労働とは何か』(信山社 2013年)
『感情労働と法』(信山社2012年)
『実践 労働相談入門─震災・労災・解雇・派遣・いじめ─』(民事法研究会 2011年)
『職場のいじめ・パワハラと法対策〔第3版〕』(民事法研究会 2010年)
『職場のいじめとパワハラ・リストラQA150』(信山社 2009年) など

目次

第1章 退職金制度とは
1 退職金制度とは
 (1) 退職金制度の趣旨・目的
 (2) 退職金制度の二つのタイプ
2 退職金支給規定(制度)
3 退職金積立規定(制度)
4 退職金支給規定と積立制度との関係

第2章 退職金支給制度
1 退職金支給制度の有無
2 退職金の支給形態
3 退職金の水準
 (1) 退職金額
 (2) 退職年金
4 退職金の算定方法
 (1) 確定給付タイプ
 (2) 確定拠出タイプ
 (3) 各退職金支給の算定方法
5 退職事由
 (1) 退職事由と退職金
 (2) 退職事由と退職者
 (3) 退職事由による区別と認定
 (4) 早期退職加算(優遇)制度
 (5) 懲戒解雇と退職金

第3 章 退職金積立制度
1 退職金積立制度の現状
 (1) 退職金積立制度の現状
 (2) 退職金支給制度との関連
2 企業外積立制度─共済制度
 (1) 一般の中小企業退職金共済制度(中退共)
 (2) 特定業種退職金共済制度
 (3) 特定退職金共済制度(「特退共」)など
3 企業外積立制度─企業年金制度
 (1) 企業年金制度の概要
 (2) 厚生年金基金
 (3) 確定給付企業年金(DB:Defined Benefit Plan)
 (4) 確定拠出型年金(DC:Defined Contribution Plan)
 (5) 企業外積立制度の特徴
4 企業内積立制度の特徴
 (1) 企業内積立制度の概要
 (2) 税制優遇措置
 (3) 養老保険(福利厚生プラン)
 (4) 団体定期保険

第4 章 退職金制度の再編・変更
1 退職金制度の再編・変更の現状
 (1) 退職一時金制度の場合
 (2) 退職年金制度の再編・変更
2 退職金制度の役割の変化
 (1) 退職金制度をめぐる「環境」の変化
 (2) 「ハイロード」型退職金制度
 (3) 「ローロード」型退職金制度
3 退職金制度の変更
 (1) 退職金制度変更の問題点
 (2) 退職金制度変更のルール
4 合意による退職金制度の変更
 (1) 合意による変更
 (2) 「黙示の同意」と「自由な意思」
5 就業規則による退職金制度の変更
 (1) 就業規則による変更
 (2) 変更の合理性
6 労働協約による退職金制度の変更
 (1) 労働協約の規範的効力
 (2) 労働協約変更の限界
7 退職年金の変更
 (1) 企業内(自社)年金
 (2) 企業外年金
8 退職金制度の廃止
9 退職金制度変更と確認の利益

第5 章 事例Q&A
1 退職金とはどういうものか
Q1 退職金の定義・法的性格
Q2 退職金の性質
Q3 退職金と慣行
Q4 退職金と求人票
Q5 退職金と「中小企業退職金共済制度」
Q6 確定支給タイプと確定拠出タイプ
Q7 確定給付企業年金
Q8 確定拠出年金
Q9 退職金前払と確定拠出退職金制度
Q10 死亡退職金の受給者
Q11 有期契約雇用・パートタイマーと退職金
Q12 給与の一部積立て
Q13 取締役と退職金
Q14 退職金と税金
2 退職金支払のルール
Q1 退職金債権の譲渡
Q2 退職金債権の相殺
Q3 退職金の放棄
Q4 退職金の支払時期・支払方法
Q5 退職金算定期間の算入
Q6 団体生命保険と保険金請求
Q7 退職金の未払・時効
Q8 会社倒産と退職金
3 退職金制度の変更
Q1 退職金規定の変更~「高度の必要性」
Q2 退職金規定の変更~不利益変更
Q3 退職金規定の変更~「年功」型から「成果」型へ
Q4 退職金規定の変更~ ポイント制へ
Q5 退職金規定の変更~前払制へ
Q6 退職金規定の廃止若しくは個別決定
Q7 退職年金の減額
Q8 退職年金の廃止
4 早期退職優遇制度
Q1 退職金の割増
Q2 早期退職優遇制度の実施方法
Q3 早期退職優遇制度の適用の拒可
Q4 早期退職優遇制度の条件
5 退職事由と退職金
Q1 自己都合による退職金の減額・不支給
Q2 年休取得と退職金減額・不支給
Q3 懲戒処分と退職金
Q4 退職後の非違行為発覚と退職金
Q5 退職後の同業他社への転職と退職金

PAGE TOP