初心者のための特許クレームの解釈

本体 ¥ 3,700
¥ 4,070 税込

著者:潮見坂綜合法律事務所・桜坂法律事務所/編著
判型:A5判
ページ数:356頁
発刊年月:2020年1月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4616-7
商品コード:40801
略号:特解

商品情報

知財分野のトップチームが集結!
一番わかりやすい特許明細書クレーム解釈の入門書

●特許明細書クレームの解釈の仕方から、特許権侵害訴訟の流れ、特許権侵害訴訟の争点(特許権侵害訴訟において、どのようにクレームが読まれるか)まで、豊富な図表・図版を用いてわかりやすく解説。
●特許権侵害の有無をめぐって指針となる実際の事件を元に、ケーススタディ形式の解説。

目次

第1章 特許権とは
第1 特許権侵害訴訟のリスク
第2 特許権と特許権の効力
第3 特許権侵害警告の手続
第4 特許権侵害訴訟の手続
第5 仮処分
第2章 クレーム解釈の基本
第1 特許権侵害と特許発明の技術的範囲
第2 技術的範囲の属否に関する判断手法
第3 無効の抗弁と発明の要旨認定
第4 間接侵害
第5 クレーム解釈とは
第3章 用語解釈の基本
解説/ケーススタディ
第4章 作用効果からの解釈
解説/ケーススタディ
第5章 出願経過参酌、包袋禁反言
解説/ケーススタディ
第6章 均等侵害
6-1 一般論(最高裁判決の説明)
解説/均等論の成立要件について/不完全利用論ないし迂回発明論
6-2 第1要件(非本質的部分)
解説/ケーススタディ
6-3 第2要件(置換可能性)
解説/ケーススタディ
6-4 第3要件(置換容易性)
解説/ケーススタディ
6-5 第4要件(公知技術除外)
解説/ケーススタディ
6-6 第5要件(意識的除外等の特段の事情)
解説/ケーススタディ
第7章 機能的クレーム
解説/ケーススタディ
第8章 プロダクト・バイ・プロセス・クレーム
解説/ケーススタディ
第9章 無効論との関係
解説/ケーススタディ

PAGE TOP