Q&A独占禁止法と知的財産権の交錯と実務

基礎から応用までを理解しコンプライアンスを実現するための手引き
本体 ¥ 3,600
¥ 3,960 税込

著者:永口 学・工藤良平/編著
判型:A5判
ページ数:340頁
発刊年月:2020年8月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4671-6
商品コード:40827
略号:独知

商品情報

特定デジタルプラットフォームを規制する
「取引透明化法」をいち早く解説!

唯一性
近年、急速に問題が顕在化した分野について基礎~応用をカバーした稀少な実務書

速報性
本年※に閣議決定~成立・公布となった「取引透明化法」のポイントをいち早く解説 ※令和2年

網羅性
用語解説と実例の紹介を踏まえ、そこから読み解ける公正な技術利用の境界を示す


「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」(令和2年法律38号)にも言及した比類なき予防法務マニュアル!

目次

第1章 基礎知識編~まず押さえておきたい知的財産権と独禁法との交錯の出発点~
Q1 独禁法とは?
Q2 独禁法と知的財産権の関係
Q3 知的財産ガイドラインの全体像
第2章 応用編其の壱~公取委の考え方~
Q4 知的財産ガイドラインが問題視する行為1
Q5 知的財産ガイドラインが問題視する行為2
Q6 不公正な取引方法に該当するとされた相談事例
Q7 不公正な取引方法に該当しないとされた相談事例
Q8 ノウハウ・営業秘密の開示等
第3章 応用編其の弐~独禁法における最新トレンド~
Q9 デジタルカルテルと独禁法上の問題点
Q10 デジタル・プラットフォーム事業の“いま”
第4章 応用編其の参~標準化活動・パテントプール~
Q11 標準化活動と独禁法の関係
Q12 標準化活動と特許権の関係
Q13 パテントプールと独禁法
Q14 パテントプールを通じた特許ライセンスと独禁法
第5章 応用編其の肆~標準必須特許~
Q15 標準必須特許にかかる権利行使の制限可能性等
Q16 特許権の権利行使に対する特許法と独禁法の適用
Q17 知的財産ガイドラインにおける標準規格必須特許に関する考え方
Q18 標準必須特許のライセンス交渉
第6章 応用編其の伍~共同研究開発~
Q19 研究開発の共同化
Q20 共同研究開発の実施
Q21 共同研究開発の成果である技術及び当該技術を利用した製品
第7章 応用編其の陸~リバースペイメント・並行輸入・ソフトウェアライセンス~
Q22 リバースペイメント
Q23 並行輸入の阻害に関する留意点
Q24 ソフトウェアライセンス契約に関する独禁法上の留意点

PAGE TOP