AIビジネスの法律実務

本体 ¥ 2,400
¥ 2,640 税込

著者:人工知能法務研究会/編
判型:A5判
ページ数:240頁
発刊年月:2017年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4442-2
商品コード:40698
略号:AI

商品情報



人工知能が造る社会の問題点に
気鋭の弁護士たちが鋭くきりこむ!

いまビジネスの場面でAIを活用するとき、
どんな法的問題があるのか。これからどう備えるべきなのか。
『AIによる生成物は誰のもの?』、『AIに与える学習用データの保護は大丈夫?』、『AIの活用における法的責任はどこにある?』などの
AIとビジネスの法的問題について、実例を交えながら
わかりやすく解説。AIと仕事と法務、弁護士視点の解説書!

人工知能法務研究会
足木良太(ブロードメディア(株)、弁護士)
安藤尚徳(東京フィールド法律事務所、弁護士)
上沼紫野(虎ノ門南法律事務所、弁護士)
笹川豪介(弁護士)
柴山将一(高橋綜合法律事務所、弁護士)
鈴木 優(弁護士)
田島正広(田島・寺西法律事務所代表、弁護士、弁理士)
中島麻里(日本マイクロソフト(株)、弁護士)
波多江崇(TMI総合法律事務所、弁護士)
平林健吾(シティライツ法律事務所、弁護士)
牧山嘉道(北村・牧山法律事務所、弁護士)
増谷嘉晃(弁護士法人 ALG&Associates、弁護士)

目次

幅広い内容をビジネスの活用場面に即して収録!

chapter01 総論
chapter02 AIを活用した業務改革
chapter03 AIと労働
chapter04 自動運転
chapter05 AIと教育
chapter06 AIと医療
chapter07 AIと投資
chapter08 AIと学習用データの問題
chapter09 AIと知的財産権
chapter10 AIと企業統治・コンプライアンス体制構築
chapter11 AIと憲法
chapter12 AIと軍事規制・セキュリティ

PAGE TOP