法を考えるヒントII

キーワードから現代の法を読む
本体 ¥ 3,300
¥ 3,630 税込

著者:川﨑政司/著
判型:A5判
ページ数:384頁
発刊年月:2019年11月刊
ISBN/ISSN:978-4-8178-4607-5
商品コード:40794
略号:法考2

商品情報

法は誰のためにあるのか?
法には、メリットもあれば、デメリットや副作用もある

市民・学生・法律家、法的な思考・感覚を必要とする全ての方々へ贈る、待望の第2巻!

基礎概念から現代の法への意識を浮き立たせ、考えさせる

目次

1 「国家」―軋みさまよう国家―
2 「国民」―シンボル化と相対化―
3 「権力」―法と権力の複雑かつ微妙な関係―
4 「立法者」―建前と現実とのはざま―

5 「多数決」―その意義と法との相性―

6 「憲法」―憲法をめぐる過大と過小―
7 「法律主義」―法律で定めるということとその射程―
8 「公共の福祉」―公共の捉え方・あり方をめぐる迷走―
9 「一般性」―法の個別化・措置化とその意義再考―
10 「政策」―進む政策化と法との交錯・相克―
11 「手続」―手段性と独自の意味―
12 「言葉」―法の言語と言葉―
13 「解釈」―解釈と法創造のはざま―
14 「判例」―その位置付け・機能とあり方―
15 「国際化」―進む国際化とその対応のあり方―
16 再び「法」―法の行方―

PAGE TOP